ライター : Uli

webライター

口どけなめらか「ビシソワーズ」レシピ

Photo by uli04_29

生クリーム不要、ミキサーを使って舌触りのいいビシソワーズの作り方をご紹介します。本来は、フランスで一般的な西洋ネギ(ポロネギ)を使用しますが、今回は日本でも手に入る長ネギを使っているので、思い立ったらすぐに作ることができますよ。

材料(3〜4人分)

Photo by uli04_29

  • じゃがいも 2個(中サイズ)
  • 長ねぎ 1/2本(白い部分)
  • バター(有塩) 20~25g
  • チキンブイヨン(またはコンソメ) 1個(顆粒の場合は小さじ2杯)
  • ローリエ 1枚(あれば)
  • 約300cc
  • 牛乳 300cc
  • 味付塩こしょう 適量
※低脂肪牛乳を使用する場合は、バターを30gにしてください。コクとまろやかさがプラスされます。

作り方

1.長ネギを薄く切る

薄く切ったネギ

Photo by uli04_29

長ネギは薄く切っておきます。

2.じゃがいもを縦半分に切り、薄切りにする

じゃがいもを薄い半月切りにしている様子

Photo by uli04_29

じゃがいもを縦半分に切ってから、薄く切ります。薄く切ることで煮込み時間を短くすることができます。水には浸けないでください。

3.鍋にバターと長ネギを入れてじっくり炒める

ネギを炒めている様子

Photo by uli04_29

鍋にバターと長ネギを入れたら、弱火でじっくり炒めましょう。長ネギが焦げないよう、こまめに混ぜるのがポイントです。

4.長ネギがしなっとしたらじゃがいもを入れる

じゃがいもを加えて炒める様子

Photo by uli04_29

長ネギが透き通るような色になって、しんなりしたらじゃがいもを加えます。

5.ブイヨンと水、ローリエを加えて煮る

ブイヨンと水、ローリエを加えた鍋

Photo by uli04_29

野菜にしっかりかぶるだけの水を加えます。ブイヨンとローリエ(あれば)を入れたら、弱火でじゃがいもがやわらかくなるまで煮ましょう。フタはしないで煮込んでいくので、途中で煮詰まって焦げ付かないように気をつけてください。

6.ミキサーなどでなめらかになるまで撹拌する

ミキサーで撹拌している様子

Photo by uli04_29

じゃがいもをヘラで押して、崩れるくらいやわらかくなったらローリエを取って、火を止めます。ミキサーに移し、ペースト状になるまでしっかり撹拌します。 ※下の写真のように、ペーストがリボン状になって落ちるくらい、なめらかになるまで撹拌してください。

7.ボウルに入れて冷蔵庫で冷やす

ボウルにペーストを移す様子

Photo by uli04_29

ボウルに入れて、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やします。しっかり冷やす工程がビシソワーズの重要ポイントになっています。

8.冷たい牛乳を加えて混ぜる

ペーストに牛乳を加える様子

Photo by uli04_29

冷えたペーストに、牛乳を加えてしっかり混ぜていきます。

9.塩で味をととのえて完成

塩を加えようとしている様子

Photo by uli04_29

味見をしてみて、塩気が足りなければ塩を足して完成です。お好みでコショウやネギ、パセリ、フライドオニオンや、クルトンをトッピングしても◎

ビシソワーズのアレンジ方法

生クリームを合わせて濃厚に

レストランのような、濃厚な味を目指すなら、生クリームを使うのがおすすめ。牛乳と生クリームを、「2:1」の割合で使用するのが目安です。 生クリームを加えるタイミングは、牛乳と同じです。クリームのような、まったりとした口当たりにうっとりしてしまうこと、間違いなしですよ。

豆乳を使ってさっぱりと

さっぱりヘルシーに食べたいときは、牛乳のかわりに豆乳を使ってみてください。豆乳の滋味深いコクが、じゃがいもの味わいとマッチします。 豆乳の素朴でやさしい味わいと、香りに癒されそうですね。無調整豆乳や、調製豆乳などお好みの豆乳を使って作ってみてください。

長ネギのかわりに玉ねぎを使ってもOK

長ネギがなければ、玉ねぎを1/2個使用しましょう。同じように、薄切りにしてバターと炒めるだけでOKです。また、長ネギや玉ねぎに、セロリの薄切りを少し加えるのもおすすめ! 深い味わいのビシソワーズになりますよ。

編集部のおすすめ