ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

北欧料理ってどんな料理?

北欧とは

ヨーロッパの北部一帯を指し、料理に関してはおもにノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマークが含まれることが多いです。 ほかにも、エストニア、ラトヴィア、リトアニア、ブリテン諸島、アイスランドも北欧圏の国であり、具体的にどの国を含めるかは、用途によって違いがあることも。

北欧料理の特徴

北欧圏の国や地域に古くから伝わる料理を北欧料理と言います。北欧諸国は海に面しているので魚貝も豊富で、サーモンがよく使われます。 お肉はベーコンなど豚肉が多め。湖や森など自然も豊かなため木の実やきのこ類、そのほかじゃがいもを使ったお料理が多いのが特徴です。焼きものや煮込みものなどの調理が多く、味わいは親しみのある家庭的なものが中心となっています。

定番の北欧料理10選

1.【スウェーデン】ミートボール

北欧料理の中でも、バリエーションが豊富なのがスウェーデンです。まずは、イケアのレストランでも有名になったミートボールをご紹介しましょう。リンゴンベリーのジャムやクリームソース、マッシュポテトと一緒にいただくのが伝統的なスタイルですよ。

2.【スウェーデン】ヤンソンの誘惑

印象的な名前のお料理ですが、その正体はじゃがいもを使ったグラタンなんです。これも、スウェーデンでは定番の家庭料理となっています。ホワイトソースを作って混ぜるのではなく、生クリームをたっぷりかけてパン粉をのせて焼き上げるだけなので、作るのもかんたんなんです。

3.【スウェーデン】 ハッセルバックポテト

続いてもスウェーデンのじゃがいもを使ったお料理です。スウェーデンの国民食とも言えるお料理で「アコーディオンポテト」とも呼ばれます。じゃがいもに細かな切れ目を入れてからオーブンで焼き上げます。付け合わせとしてはもちろん、味付けをして楽しむこともできますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS