4.【スウェーデン】ニシンの酢漬け

北欧圏にはニシンを使った料理が多くあります。中でも、かんたんに作れるのが、スウェーデン料理としてもメジャーな酢漬けです。しっかりとした味わいで、パンやワインなどのお酒との相性も抜群です。日本でも手に入りやすいお魚なので挑戦しやすいですね。

5.【スウェーデン】ラックスプディング

こちらもスウェーデンの伝統的な家庭料理です。北欧圏で定番となっているお料理でもあります。塩漬けのサーモンとじゃがいものグラタンを重ねて層にし、卵液をかけてオーブンで焼くだけのグラタン料理です。切った断面をみせてお皿に飾るだけでも絵になりますよね。

6.【フィンランド】きのこのクリームスープ

続いてはフィンランドから、きのこをたっぷり使ったクリームスープをご紹介します。フィンランドでは、主にマッシュルームが使われ「シエニケイット」と呼ばれます。じっくり炒めた玉ねぎの甘みや、ハムやベーコンの旨み、生クリームのコクが味わえる「ほっ」とするようなお味です。

7.【フィンランド】きのこのキッシュ

こちらは、フィンランドで「シエニピーラス」と呼ばれるきのこのパイです。森が多く、きのこがたくさんとれるフィンランドならではのキッシュですね。きのこは何でもOK、いろいろなきのこをたっぷり合わせて仕上げましょう。

8.【ノルウェー】サーモンソテー

北欧料理で使われることの多いサーモン。日本でもお馴染みのノルウェーサーモンをはじめ、ノルウェーでは脂がのって甘みのある、肉厚なサーモンを使った料理が豊富にそろいます。ヨーグルトソースやディルと一緒にいただくのも定番ですよ。

9.【ノルウェー】フィッシュスープ

ノルウェーをはじめ、北欧圏で定番メニューとして人気のフィッシュスープ。サーモンやムール貝、エビなどを弱火でじっくりと煮込んで仕上げるお料理です。塩味が効いているので、パンをつけていただいたり、ワインとの相性もいいんですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ