まかせてラクちん♪ 炊飯器ピラフの基本レシピ&アレンジ7選

洋風のごはんものとして大人にも子供にも人気のピラフ。炊飯器におまかせで、ラクしてパパっと作っちゃいましょう♪ この記事では基本の作り方をはじめ、シーフードやチキンなど人気の具材を使ったレシピをご紹介します。休日のブランチや忙しい日のメインにおすすめですよ

2019年11月11日 更新

5. 盛り付ける

Photo by suncatch

お皿に盛り付けて、お好みでパセリをちらしましょう。

作るときのコツ

・具材の生野菜に水分があるので、2合の目盛りよりほんの少し下に合わせて水を入れます。 ・具材はお米の上にのせて炊いてください。混ぜて炊くと、お米の炊き具合にムラができてしまいます。 ・固形コンソメを使う場合は、具材と一緒にお米の上にのせましょう。

定番ピラフも炊飯器で♪ 人気レシピ7選

1. 定番の味。えびピラフ

えびの旨味とみじん切りにした野菜の香りが、ごはんにしっかりしみています。仕上げのパセリ以外の具材と調味料をすべて入れたらスイッチオンで、あとは待つだけ♪ えびの赤と散らしたパセリの緑で彩りもバッチリです。

2. お手軽!シーフードピラフ

下ごしらえのいらない、シーフードミックスを使った手軽さが魅力のレシピ。かぼちゃの甘味がアクセントになった、簡単シーフードピラフです。炊飯器の通常の水位線より、気持ち少なめの水加減で炊き上げるのがコツ。

3. パーティーメニューに♪ トマトチキンピラフ

炊飯器で炊きあがったピラフをドーナツ型に盛りつけた、パーティーメニューにおすすめのレシピ。チキンとトマトの組み合わせは、間違いなしのおいしさです。仕上げのトッピングは、お子さんもよろこんで手伝ってくれそうですね。

4. スタミナ満点。ガーリックピラフ

ガーリックの香りが食欲をそそる、スタミナピラフ。シャキシャキッとしたれんこんの歯ざわりも楽しいひと品です。ブラックペッパーを振りかけると、スパイシーな仕上がりになりますよ。

特集

FEATURE CONTENTS