塩サケのおすすめ塩抜き方法2つ

買ったサケが思ったよりもしょっぱいと感じたときは、塩抜きするのがおすすめ。マイルドな塩気を残すことでお料理の幅も広がりますよ。ここではおすすめの塩抜き方法を2つご紹介します。

みりんと酒を使用する場合

鮭4切れに対して50ccの水を用意します。みりん大さじ1、酒大さじ2を用意して水のなかへ入れます。用意した鮭を水につけて、数時間寝かせましょう。塩ぬきといえば、水道水にそのままつけておく方法もありますが、みりんと酒を入れることで大切な旨味を逃がさないまま塩抜きをすることができます。

うすい塩水につける場合

うすい塩水につける場合は、塩の濃度が水に対して1%程度にするのがおすすめ。塩水に使う塩はあら塩がよいでしょう。4~5時間寝かせることでマイルドな塩味が残った鮭に仕上げることができます。

フライパンで!塩サケを使ったメインおかずレシピ5選

1. 塩鮭とじゃがいものガレット

千切りしたじゃがいもを焼いた塩鮭と合わせてフライパンで表面がカリッとなるように焼いていきます。色合いもよく、適度な塩加減があとをひく仕上がりに。白ワインなどにもぴったり合いますよ。

2. 塩鮭とコーンの混ぜご飯

洗ったお米と塩鮭、コーンなどを合わせてフライパンで炊き上げていきます。コーンのあま味や塩鮭の絶妙な塩気がとてもやさしい味わいに。水菜をたっぷり盛って召し上がれ。

3. お弁当のおかずにも◎鮭とじゃがいもの洋風おやき

マッシュしたじゃがいもやクリームチーズ、焼いた塩鮭を混ぜて成型したあとフライパンで両面をこんがり焼いていきます。もちもちとやわらかく、濃厚なチーズのコクも口のなかに広がりますよ。おつまみにもおすすめです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ