3. 材料をすべてボウルに入れてこねる

Photo by uli04_29

炒めた玉ねぎの粗熱がとれたら、材料をすべてボウルに入れます。ねばり気がでてくるまで手でもんでいきます。

4. 4等分にして串につけていく

Photo by uli04_29

肉ダネを4等分にしたら、串につけていきます。両手で包み込むようにすると、簡単に串につけることができます。なるべく空気を抜くようにして、つけていきましょう。

5. 230℃に余熱したオーブンで12分ほど焼く

Photo by uli04_29

オーブンシートのうえに、串につけたシークカバブを並べます。230℃に予熱したオーブンで12分前後焼きましょう。お使いのオーブンのクセに合わせて、温度と時間は調節してください。

6. 表面に焼き色がついたら完成

Photo by uli04_29

表面にこんがりと焼き色がついたら完成です。串から抜いて、中央を切ってみてしっかり火が通っているか確認しましょう。

シークカバブをおいしく作るコツ

トースターやフライパンでも◎

トースターで焼く場合は、肉が全体的に白くなって火が入るまでアルミホイルをかぶせて焼いてから、アルミホイルをとって焼き色がつくまで加熱してください。 フライパンで焼く場合は、バターやギー(すましバター)といっしょに、転がすようにじっくり焼いていきましょう。

竹串を使う場合はアルミホイルを巻く

竹串を使ってオーブンやトースターで焼く場合は、串が焦げて折れてしまいます。金串がベストですが、竹串しかなければ、持ち手の部分にアルミホイルを巻いてから焼きましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ