エンダイブってどんな野菜?特徴と人気レシピ7選

最近スーパーでも見かけるようになった「エンダイブ」というお野菜、どんなお野菜かご存知でしょうか。独特の苦みがあるようなのですが、その特徴や食べ方、チコリとの不思議な関係性など、おすすめのレシピと一緒にご紹介します。

2018年9月28日 更新

保存方法

エンダイブは乾燥しやすいお野菜なのですが、水気が多すぎても傷んでしまうので、水で濡らして硬く絞った新聞やクッキングペーパーなどでくるんで冷蔵保存するのがおすすめです。

またレタスと同じように、包丁で切ると切り口が変色しやすいので、ちぎって使うようにしましょう。

エンダイブの人気レシピ7選

1. エンダイブのパルミジャーノ・レッジャーノドレサラ

まずは、定番のサラダのレシピからご紹介します。うまく盛り付けることができるお野菜なので、ぐっとおしゃれに仕上げましょう。ぜいたくにパルミジャーノ・レッジャーノのすり下ろしてたっぷりかけるレシピです♪

2. 昆布じめ鯛のカルパッチョ

エンダイブは、お料理のしたに敷いて盛りつけるのもおすすめの使い方。ご紹介のようにカルパッチョならそのまま一緒にいただくこともでき、色鮮やかな見た目も味わいも同時に楽しめます。

昆布じめの鯛は、上品なお味に仕上がります。とびっきりのオリーブオイルをかけていただきましょう。

3. エンダイブと豚しゃぶ、レモンのさっぱりの満足サラダ

続いては豚しゃぶサラダにエンダイブを用いたレシピです。なるべく苦みのない白い部分を選んで使うようにしてくださいね。豚しゃぶは1枚ずつ丁寧にお湯にくぐらせるのが、きれいに仕上げるポイントですよ。

4. エンダイブのきんぴら

残った緑色の濃い部分は、まとめてきんぴらにしてみてはいかがでしょうか。しっかりとした味付けでエグくなく、苦みもちょうどいいアクセントになります。ごはんにもぴったり◎ごま油で炒めるのもおすすめですよ。

5. エンダイブとエイの疲れた体にほっこりやさしいスープ

エンダイブはスープの具材として入れるのもおいしくいただけます。本場では定番のいただき方で、特に緑色の部分を使って作られるようです。このレシピは具材もたっぷり♪ ひと皿で大満足のスープに仕上がりそうです。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師/mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう