ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

オリーブオイルがないときは代用品はある?

独特の香りが特徴のオリーブオイル。代用はむずかしいのでは?と思うかもしれませんが、実はほかの油で代用できるんです。とはいえ、代用する際はコツがありますよ。次にご紹介するポイントを参考に、上手に代用しましょう。

オリーブオイルの代用品を使うときのポイント

オリーブオイルは、炒めものやソテーなどの調味油として使うほか、ドレッシングやお菓子などさまざまな料理に使用します。ほかの油で代用する際は、料理によって使い分けるとよいですよ。料理の味を損なうことなく、代用できます。

オリーブオイルの代用品8選

1. サラダ油

オリーブオイルの代用品としてもっとも手軽なのが、サラダ油です。香りやクセがないため、料理を選ばず活用できますよ。オリーブオイルと同量で置き換えることができるのもよいですね。

2. キャノーラ油

※画像はイメージです
キャノーラ油は、サラダ油の一種でなたねを原料としています。軽い口当たりが特徴で、加熱調理にも生食にも活用できます。サラダ油同様、オリーブオイルの代用になりますよ。香りがないため、ハーブを混ぜて風味付けするのもおすすめ。(※1)

3. グレープシードオイル

ぶどうの種から抽出したグレープシードオイルは、オリーブオイルと同じ植物油。オリーブオイルのような香りはないものの、代用品として十分活用できますよ。にんにくやハーブを使う炒めものやグリル料理に使えば、オリーブオイルに負けないおいしさに仕上がります。(※2)

4. 亜麻仁油(あまにあぶら)

ドレッシングやカルパッチョなど、生食に代用するなら亜麻仁油(あまにあぶら)がおすすめです。亜麻仁油は、アマ科の植物・亜麻(アマ)の種子から作られる油で、独特の香りと苦みが特徴です。オリーブオイルと風味は異なるものの、コクのある味わいを楽しめます。

なお、亜麻仁油は加熱に弱い性質をもっているため、できるだけ生食で使用してください。(※3,4)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ