材料3つと容器だけ。おうちでできる味噌作りのコツを徹底解説!

大豆と塩、麹で作る自家製味噌作りのコツを徹底解説します!おすすめの材料や選び方、そして味噌作りの流れをご紹介。初心者さんにおすすめの味噌作りキットも掲載しています。大豆本来の旨みとコクを楽しめる、自家製味噌作りを体験してみませんか?

2019年1月21日 更新

自家製は絶品!味噌作りにチャレンジしよう

基本の材料

「自家製味噌はおいしいそう!」「一度は作ってみたい!」と思っていても、なかなかその一歩を踏み出すのは勇気がいりますよね。まずは基本の材料の紹介から始めましょう!味噌を作るには基本的に3つの材料が必要です。

・大豆……1kg
・麹……1kg
・塩…… 500g

こちらは、だいたいお味噌5〜6kg分の量。基本的な材料の比率は、大豆:麹:塩=2:2:1がおすすめです。大豆を多めにすればすっきりとした味わいに、麹を増やせば風味の高い味噌ができあがります。

大豆の選び方

大豆は、北海道や宮城県などをはじめとした国産のものがおすすめ。国産大豆は豆のまま食べるのを考えて育てられた、たんぱく質の多いものが多いです。輸入大豆は中国やアメリカ、アルゼンチン産のものが一般的。これらは大豆油をしぼるために改良されたものなので、味噌作りにはあまり適していません。

麹の選び方

麹には米麹や麦麹、豆麹などの種類があり、それぞれの割合によって味わいが変わります。米麹の割合は多いほど甘めに仕上がるのが特徴です。麦麹で仕込んだ「麦味噌」は、麦のコクと風味が香ります。大豆から作る豆麹と米麹の合わせ味噌は、より濃厚な大豆の旨みを楽しめます。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

cucunyaroti

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう