ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

巨峰とはどんなぶどう?

名前の由来

「巨峰(きょほう)」の名前の由来は、開発がおこなわれていた静岡県伊豆市にある大井上理農学研究所から見える富士山です。「伊豆の峰で作られた巨大な粒」という意味が込められ、大粒で黒に近い濃紫色の姿が、雄大な富士山をイメージさせたと言われています。

そして、実は「巨峰」は商標登録名なのです。正式な品種名は「石原センテニアル」。開発者である、大井上理農学研究所の大井上康氏が、ヨーロッパ種とアメリカ種の交配種「石原早生」とヨーロッパ種「センテニアル」を交配させたことから命名されました。

「石原センテニアル」を販売するにあたり、「巨峰」という商品名にしたことから広く知れ渡り、今では品種名として定着しています。

特徴

何と言っても大きな粒と黒い皮が巨峰の特徴です。数あるぶどうのなかでも、ダントツの大きさで食べ応え抜群。糖度は18〜20度という濃厚な甘味が魅力です。

皮は、初めは黄緑色でしだいに赤紫色になり、熟すと紫がかった黒色になります。果肉は淡い緑色で果汁が多く、ジューシーなのも特徴のひとつ。

粒が大きいため房も重量があり、ひとつが350~450gほどのものが多いです。見栄えがよいので、贈答用として人気がありますよ。

黒系ぶどうの代表品種で人気が高く、巨峰を親にして開発された「ナガノパープル」や「ピオーネ」など新しい品種も生まれています。

巨峰の旬と産地

※写真はイメージです

巨峰は関東甲信越を中心に、幅広い地域で栽培されています。気候によって旬の時期は異なりますが、露地ものの巨峰は8~10月が旬です。ハウス栽培の巨峰は、早いものだと5月下旬頃から店頭に並びますよ。旬の巨峰は多汁で甘味が強いので、ぜひこの時期に食べてみてくださいね。

産地

巨峰を1番多く栽培している長野県で、全体の約30%を占めています。続いて、約25%を栽培している山梨県、3位の福岡県では約10%を栽培。

日本では、さまざまな品種のぶどうが栽培されていますが、巨峰はそのなかでも一番人気です。栽培面積が一番多く、ぶどう畑の全体の約35%は巨峰ということからも、巨峰の人気ぶりがうかがえますね。

編集部のおすすめ