水溶き片栗粉

・片栗粉……大さじ1杯 ・水……大さじ2杯

作り方

Photo by MARI_kitchen

1. 皮付き豚バラ肉を半分の長さに切り厚手の鍋に入れます。お肉がひたひたに隠れるくらいの水と長ネギ・しょうがを入れ、蓋をして弱めの中火で30分下ゆでします。

Photo by MARI_kitchen

2. バットにキッチンペーパーを敷き、下ゆでしたお肉を取り出しラップをして人肌程度まで冷まします。鍋に残ったゆで汁をこしておきます。(長ネギとしょうがは捨てます。)

Photo by MARI_kitchen

3. 次の工程でしょうゆを塗りやすくするために、キッチンペーパーで肉の表面をおさえるように拭きます。

Photo by MARI_kitchen

4. しょうゆを刷毛を使って、肉の表面全体に塗り込みます。

Photo by MARI_kitchen

5. フライパンを中火で熱し、表面を焼いていきます。全体的に薄いきつね色になる程度。皮目は濃いめの焼き色に仕上げて火を止めます。

Photo by MARI_kitchen

6. 調味料と焼いたお肉を厚手の鍋に入れ、全体が浸る程度にゆで汁を注ぎます。蓋をして中火で10分、極弱火にして2時間煮込み半日〜ひと晩冷まします。

Photo by MARI_kitchen

7. 冷めた鍋の蓋を開け、冷え固まった脂を2/3取り除きます。

Photo by MARI_kitchen

8. 一度、お肉を取り出し5cmほどの厚さに切り、鍋に戻し入れます。

Photo by MARI_kitchen

9. 蓋をして蒸します。 オーブンの場合、スチーム100度30分。湯煎の場合は、大きめの鍋に水を張り鍋ごと入れ中火で沸騰後、弱火に落として30分。

Photo by MARI_kitchen

10. 鍋からお肉を取り出し器に盛ります。残った煮汁の入った鍋を中火にかけ、水溶き片栗粉を入れお好みのとろみに仕上げてお肉の上にかけて完成です。

作る時のコツ

下ゆでや一度冷まして脂を取り除くことで、豚肉の旨みを存分に味わうことができます。冷ます時間がない時には、常温に冷めた鍋ごと冷蔵庫へ入れて冷やすことで脂が固まりますよ。角煮とトンポーローの大きな違いは八角や花椒のスパイスを使うこと。日持ちのするスパイスなので、これを機にそろえてみるのもおすすめです。

圧力鍋でも!トンポーローの人気レシピ3選

1. 圧力鍋で作るトンポーロー

圧力鍋を使って1時間でできあがるトンポーローも時短でやわらか。水溶き片栗粉でとろみをつけるのとは違い、煮汁を煮詰めてとろみをつけるトンポーローはご飯が進みそうです♪ お手軽レシピなので、ご飯にのっけて丼にしていただいてもいいですね。

2. 豚バラでお手軽♪ ミルフィーユトンポーロー

ブロック肉がなくても大丈夫!こちらは豚バラ肉を5〜6枚重ねて作るお手軽ミルフィーユトンポーローです。豚バラを重ねたらニラでしっかりと縛って調理しましょう。巻き終わりに片栗粉をまぶしておけば、さらに煮崩れが少なく塊肉のように仕上がりますよ。

3. 角煮たっぷりトンポーローまん「カーパオ」

トンポーローをより本格的に味わうのにおすすめのパオ。材料も工程も作ってみると意外にシンプル。パンとは違い、蒸しあげて作るパオのもっちりとした食感にとろけるトンポーローを挟んだカーパオは何個でも食べられそう♪

編集部のおすすめ