5. できあがりです!

Photo by muccinpurin

外は香ばしく、中はジューシーに焼きあがりました。

肝心のお味は……!

Photo by muccinpurin

レアに焼き上がった断面の美しさにうっとりしつつ、温かいうちにさっそくひと切れ……。 いつものステーキを想像していると、いい意味で裏切られます。まろやかな旨みが口いっぱいに広がり、 肉と昆布の味わいが絶妙なバランスです。 昆布本来の塩気と旨みがいい働きをしているので、塩こしょうをかけないで正解でした♪

Photo by muccinpurin

次はわさびをつけてひと口……。これもいい!肉の甘みをわさびがぴりっと引き締めて、まるで高級な鉄板焼きを食べているような上品な味わいです。 柚子胡椒やわさび醤油とも合いそうですね。あくまでお肉の味を楽しむために、“ちょっとつける”くらいがちょうどいいかもしれません。

Photo by muccinpurin

お肉に昆布を巻くことで、昆布に含まれる旨み成分「グルタミン酸」がお肉に移ります。もともとお肉に本来含まれる「イノシン酸」の旨み成分と相まって、さらにおいしくなるというメカニズムです。 確かに、お肉から昆布を取り除いたとき、お肉がきゅっと締まって、昆布は包む前よりしんなりしていました。なるほど……旨み成分のすごさを感じずにはいられません。 ポイントは、お肉表面の水分「ドリップ」をしっかり拭き取ること。ちょっとしたひと手間で、味が馴染んでおいしい昆布締めができますよ♪

豚肉でも試してみました!

豚肉の昆布締め

Photo by muccinpurin

豚肉でも試してみした♪ 作り方は牛肉とまったく一緒ですが、豚肉の場合は中までしっかり焼いてくださいね。 お肉のなかでも、脂身の旨みを感じやすいのが豚肉の特徴ですが、この甘い豚の脂と昆布の旨みがよく合う……!牛肉もよかったですが、豚もやさしくまろやかな味わいで、どちらも捨てがたいおいしさです。昆布のパワー、恐るべしです。 次は鶏肉で試してみよう!

昆布は佃煮にリメイク

Photo by muccinpurin

お肉を包んだ昆布は、そのまま捨てるのはもったいないので「昆布の佃煮」にして最後までおいしくいただきましょう♪ 千切りにした昆布をみりんとしょうゆ、砂糖でじっくりコトコト煮込みます。仕上げにアクセントの実山椒を入れれば「昆布の佃煮」のできあがりです。 実山椒の代わりに、刻んだ梅肉でもおいしくできますよ。

すぐにでもまた食べたい!

Photo by muccinpurin

お肉を昆布で包むだけの「お肉の昆布締め」。肉の種類や部位を変えたり、包む時間を長くしたりと、まだまだ楽しみ方がありそうです。 これだけでおいしくなるなんで、正直驚きでした。「いますぐまた食べたい……!」そんな気持ちです。 みなさんもぜひ、「お肉の昆布締め」の凝縮した旨みを体験してみてくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS