7. コリアンダーチャツネ

ユニークな香りがクセになるコリアンダー、タイ語でいう「パクチー」をメインにしたチャツネです。具材をすり潰すタイプのチャツネはあまり日持ちしないので、3〜5日で食べきるのがベスト。パクチニストの方にはぜひ試していただきたいひと品です。

8. タマリンドと青唐辛子のチャツネ

インドや東南アジアのフルーツ「タマリンド」のペーストに、青唐辛子を加えたチャツネがこちら。甘酸っぱくフルーティーなタマリンドにピリッと刺激的な青唐辛子が合わさって、アジアン料理の風味をさらに本格的なものにしてくれます。

9. シナモンとクローブのチャツネ

独特の甘い風味を持ったシナモンと鋭い辛さが特徴のクローブを使ったスパイシーチャツネ。メインの具材にはトマトと洋梨を使い、甘みと旨みをバランスよく仕上げています。クラッカーやサモサ、豆のおせんべい「パーパル」につけてもおいしくいただけます。

インド・アジアン料理の基本「チャツネ」

チャツネは、たくさんの野菜や果物を使った、使い方の自由度が高い調味料です。カレーの隠し味や焼き物のソースなど、さまざまな料理に風味をプラスしてくれます。まさにインドやアジアン料理の基本といえる、頼れる存在です!たっぷり作って冷蔵庫に作り置きしておきましょう。
▼アジア料理について詳しくはこちら!

編集部のおすすめ