旬の「冬野菜」のおいしい食べ方!栽培方法からおすすめレシピまで。

寒い時期が旬の「冬野菜」について、栽培方法やおすすめレシピ9種まで徹底解説します。お鍋でおなじみの根菜類から、プランターで育てられる葉物野菜、冬においしい豆類など種類も豊富。煮物やサラダ、カレーに丼ものまで、いろいろな楽しみ方ができますよ♪

2018年8月28日 更新

さつまいも

秋に収穫されますが、貯蔵して冬になった方が糖度があがっておいしい野菜。ほっくり甘いので、サラダや味噌汁といった料理だけでなく、大学芋・スイートポテト・プリンなどのお菓子にもよく使われます。

冬野菜の種類:葉物野菜

白菜

元々は中国野菜ですが、今や和食の定番野菜になりました。あっさりと上品な甘みがあるので、ほかの食材の味を引き立てます。葉先は鍋物や煮物・漬物に。中心のやわらかい部分は、千切りにしてサラダに加えてもおいしくいただけます。

キャベツ

通年売られているキャベツですが、本来の旬は冬です。ずっしりとしていて、春キャベツなどほかの時期に比べて煮崩れしにくいのが特徴。ロールキャベツや鍋物など、火を通す料理に向いています。

ブロッコリー

緑色が濃く、つぼみがしっかり詰まっているものを選びましょう。ゆでると甘くやわらかくなり、グラタン・シチュー・サラダなどの洋風料理にぴったり。軸の部分はややかためなので、皮をむき細く切ってきんぴらに。

ほうれん草

冬のほうれん草は甘くてしっとりやわらか。おひたし・ごま和え・味噌汁などの和食や、バター炒め・グラタンなど洋風料理に。餃子と一緒に中華スープにしてもいいですね。
2 / 6

特集

FEATURE CONTENTS