2. 具材の下準備する。

Photo by ako0811

芽ヒジキと干ししいたけは水に浸して戻します。干ししいたけの戻し汁は出汁として使用するので捨てないでくださいね。ヒジキは、戻したら手でギュッと水気を絞っておきましょう。

Photo by ako0811

豚肉は2カップの水でゆでます。ゆで汁は出汁として使用するので捨てないでください。ゆでる際に出たアクはきれいに取り除きましょう。

Photo by ako0811

具材のサイズはそろえてカットします。今回は、5mm角にカットしています。

3. 出汁を作る。

Photo by ako0811

しいたけの戻し汁は、茶こしなどで濾してから使うと、汚れがきれいに取り除かれ透き通ったお出汁となります。

Photo by ako0811

昆布出汁としいたけの戻し汁と合わせて1カップ、豚肉のゆで汁1カップを合わせます。昆布出汁が薄い場合は、昆布つゆを小さじ1程度加えるとよいでしょう。

4. 出汁、具材を加えご飯を炊く。

Photo by ako0811

炊飯釜に、お米と調味料、油、そして2合メモリまで出汁を加えます。最初に調味料と油を加えてから、メモリまで出汁を加えると水分量がわかりやすく失敗しませんよ。

Photo by ako0811

出汁がメモリ通り加わったら、ひと混ぜしてから具材をすべて上に並べます。具材をのせたら混ぜずにそのまま通常炊きのスイッチを押しましょう。具材を混ぜてしまうと、具材と米が入り混じり炊き方にムラが生じてしまいます。

5. できあがり

Photo by ako0811

炊けたらひと混ぜし、5分程度蒸らして完成です。お茶碗によそってネギの小口切りを散らすと色鮮やかでおいしいですよ。

作るときのコツ

今回は豚肉のバラ肉で作りましたが、本場さながらブロック肉を使うとより沖縄風のごはんになります。 おかずと一緒に食べる献立として比較的薄味にしていますが、もう少し濃くしたい場合は、昆布つゆを大さじ1杯加えてください。 お茶碗によそったら、たっぷりの香味野菜をトッピングしくてださいね。ジューシーご飯によく合いますよ。

「ジューシー」のアレンジレシピ5選

1. 豚の角煮で簡単ジューシー

市販品を上手に組み合わせ、とっても手軽に作れるジューシーです。しっかり味の豚の角煮と塩こんぶのおかげで調味料は最小限に。どど~んと加えた豚の角煮がインパクトがあって食べごたえ満点!ジューシーをメインに、がっつり食べたいときなどにもおすすめですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ