お好みのトッピングをして完成♪

器に盛り付け、桜えび、刻んだピーナッツをのせましょう。ライムを添えれば完璧です!タイ料理には欠かせない調味料「クルワンプルーン」を添えて、本場のようにお好みの味付けで召し上がれ。
▼クルワンプルーンも手作りしよう!

本格的なパッタイに仕上げるコツ!

本場の材料を日本の食材で代用!

Photo by muccinpurin

本場のパッタイに欠かせないのが、「フアチャイ・ポー(大根の塩漬け)」と「タオフー・ルアン(タイ風豆腐)」。日本では手に入らないので、それぞれ「つぼ漬(なければたくあん)」や「厚揚げ」で代用しましょう。

スピードが勝負!ささっと炒めて食感を楽しもう♪

タイの炒め物は、スピード感が勝負。じっくり炒めるというよりは、ささっと火を通して野菜などの食感を楽しむことがポイントです。材料はあらかじめしっかり用意しておき、手際よく料理を進められるようにしましょう。

トッピングをして本場感をアップ!

タイで見かけるライムは、この切り方が主流。実際にこの切り方で絞ってみると、確かに果汁が飛び散らず、搾りやすさ抜群。 残ったライムは、ガムシロップと合わせて水で割って、ライムジュースにするのがおすすめ。東南アジア定番のライムジュースは、すっきりした飲み口で、何度もおかわりしたくなるおいしさです。ぜひ、パッタイとライムジュースをセットで楽しんでくださいね。

パッタイの人気アレンジレシピ3選

1. ポン酢を使った本格パッタイ

ポン酢を使ったパッタイのレシピです。ポン酢を使用することで、簡単にコクと酸味がプラスされ、よりエスニックな雰囲気を楽しむことができますよ!お好みでパクチーや、パセリをたっぷりトッピングして、召し上がれ。

2. 醤油風味の和風パッタイ

醤油で味付けしたパッタイのレシピです。レモン汁が入っているので、ほんのりとした酸味を楽しむことができますよ。鶏ガラスープの素やオイスターソースを使えば、うま味もアップします。タイ料理初心者のかたでも食べやすいひと品です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS