自分好みの大学芋のたれを作ろう♪あなたはカリカリ派?トロトロ派?

みなさんはおうちで大学芋を作って食べることがありますか?たれはどんな材料でどんな工程で作っていますか?さつまいもの切り方やたれの材料、作り方で食感や味わいが違ってきますよね。ぜひ今回の記事を参考に買わずにおうちで作ってみてくださいね♪

2018年11月29日 更新

冷めても固まらない大学芋のトロトロたれの作り方2選

4. 揚げない!ヘルシー!!簡単大学芋

はちみつや醤油を加えたトロトロたれの大学芋がこちら。サツマイモはレンジで火を通しておくことで、ぱさつかず食べやすくなりますよ。たれの材料を加えるときは弱火でじっくり煮詰めてくださいね。冷めてもとろとろの大学芋がいただけます。

5. スティック大学芋

みりんを使って色つやのいい大学芋を作ります。さつまいもはスティック状にすると、油が少なくて済むのでいいですね。そしてこちらはワンパンで作れるのもうれしいポイント!たれは煮詰めず、手早く絡めることで固まらないたれができあがります。

おやつにもおかずにも大学芋♪

大学芋にはカリカリ食感のものと、たれが固まらずとろとろ食感のものがありました。またたれは醤油やみりんを加えることで味わいや見た目が変わってくることも分かりましたね。 ぜひいろいろな大学芋のたれを作って食べ比べしても楽しそうです。お好みのたれを見つけておやつにもおかずにもなる大学芋をぜひみんなでいただきましょう!
▼基本からアレンジまで!大学芋の作り方はこちら◎

特集

FEATURE CONTENTS