「さんま」の下ごしらえとおいしい焼き方とは?香ばしい秋の味覚♪

香ばしい秋の味覚といえば「さんま」。この食材の人気料理といえば塩焼きですが、コツをおさえるだけでいつもさらにおいしく!ここでは、その下ごしらえの方法と、グリルとフライパンの2種類のおいしい焼き方とコツをご紹介。ぜひ参考にしてみてください♪

さんまの上手な下ごしらえの仕方

さんまをさばく

さんまの下ごしらえは、まず「うろこ取り」から。実はさんまが水揚げされるとき、かなりの部分のうころが取れてしまいます。そのため、表面についていないかを確認するくらいで大丈夫。もしウロコを見つけたら、包丁の先でなでるようにすると取れます。ウロコがとれたら、さっと水洗いしてからよく水分を拭き取りましょう。

さんまを焼く場合には、切り込みを入れておくのがおすすめ。そうすることで火の通りがよくなり、食べやすくもなります。また、焼き上がりの見た目もきれいに。切り込みの入れ方はお好みで大丈夫ですが、横に一文字か、×印に入れることが多いです。

さんまの内臓をとる

さんまは内臓まで食べられる魚ですが、あまり好きでない人もいるでしょう。さんまのお腹側、頭の付け根あたりに包丁を入れてお腹を割いていき、裂け目から内臓を取り除きます。そして、開いた部分を上向きにして流水で洗い、血や内臓を洗い流しおえたら完了です。

また、さんまの内臓を一瞬で抜き取る「ツボ抜き」という裏技も!まず頭の部分に切り込みを3cmくらい入れ、骨までしっかりとカットしておきます。また、お腹からみて肛門の手前のところにも1cmくらいの切り込みを。その状態で頭をぐいっと折るようにしながら引っ張ると、内臓がスルスル抜けてきます。慣れてしまえば、10秒もかからない便利な技です。

【グリル】さんまのおいしい焼き方

グリルでさんまをおいしく焼くときには、グリルにサラダ油をさっと塗ってから、あらかじめ温めておきましょう。こうすることによって、さんまが網にくっつきにくくなります。グリルがしっかり温まったら、塩をなじませたサンマを網の上にまるごとのせます。

さんまをグリルにのせる

さんまに切れ目を入れるのもよいのですが、焼いた時に切れ目から旨味が逃げだしてしまうので、まるごと焼くのもおすすめです。

さんまを置く場所は熱源の近くに置くのが基本です。グリルの火力は熱源が両端についているものが多いので、熱源が両端にある場合にはその両端に置くとよいでしょう。また、しっぽの部分が焦げてボロボロになりやすいので、アルミホイルを巻いておくときれいな仕上がりになります。

グリルでさんまをおいしく焼きあげるコツ

グリルの火加減は中火。とにかくじっくりと焼き上げていくのがおいしくなるコツです。とくに脂がのったさんまは、強火にしてしまうと表面が焦げすぎてします。中火でじっくり焼き上げることで、さんま本来の旨味もUP。さんまの表面にまんべんなくおいしそうな焦げ目がついたらできあがり!

グリルとさんまを焼き上げると、ジューシーかつホクホクに仕上がります。薬味には定番の大根おろしがおすすめ!醤油をかけてさっぱりといただきましょう。さんまとの相性も抜群です♪

【フライパン】さんまのおいしい焼き方

さんまをグリルで焼くと、あと片付けがちょっと大変。そこでおすすめなのがフライパンの使用です。もちろん、ただお手軽なだけでなく、しっかりとコツをおさえた焼き方をすれば充分おいしくできますよ。

フライパンでさんまを焼く

焼いているときにさんまから出る脂は、クッキングペーパーで拭き取っておきましょう。そのままにしておくと、さんまの脂で皮が揚げ焼きをしたような状態になってしまいます。そうすると身に生臭さが残ってしまうのです。

さんまの表面にまんべんなく焦げ目がついたらできあがり!グリルに比べるとさんまの皮のパリパリ感はでませんが、面倒なあと片付けは一切なし。ホイルシートを捨てるだけというお手軽さが魅力です。忙しいときなどにも重宝する、魚好きの人にこそおすすめの焼き方ですね。

フライパンでさんまをおいしく焼きあげるコツ

フライパンでさんまをおいしく焼き上げるコツはふたつ。ひとつは、プライパン用のホイルシートを使うことです。そうすると、油なしでも魚がくっつきません。さんまの脂が焦げにくくなるため、煙がでにくくなるのもうれしいポイントです。

もうひとつのコツは、弱火から中火でじっくりと焼き上げること。だいたい片面7〜8分くらいかけましょう。フライパンは十分に暖めてから焼きはじめます。フライパンで焼くと表面だけ焦げやすいので要注意。

秋の味覚「さんま」をもっとおいしく食べよう♪

秋の味覚としても人気の食材「さんま」に、下ごしらえやおいしい焼き方のコツをご紹介しました。

下ごしらえも簡単で、あとは塩を振って焼くだけでとってもおいしいご馳走のできあがり!せっかくならコツをおさえて、たっぷりとその香りや味わいを楽しみましょう。焼き方もシーンごとに、グリルとフライパンの2種類を使いこなしてくださいね♪

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう