ライター : y_nakagawa

おいしい物、おいしいお店、便利なキッチンアイテム。グルメにまつわるいろいろをお届けします。

さんまの上手な下ごしらえの仕方

さんまをさばく

さんまの下ごしらえは、まず「うろこ取り」から。実はさんまが水揚げされるとき、かなりの部分のうころが取れてしまいます。そのため、表面についていないかを確認するくらいで大丈夫。もしウロコを見つけたら、包丁の先でなでるようにすると取れます。ウロコがとれたら、さっと水洗いしてからよく水分を拭き取りましょう。 さんまを焼く場合には、切り込みを入れておくのがおすすめ。そうすることで火の通りがよくなり、食べやすくもなります。また、焼き上がりの見た目もきれいに。切り込みの入れ方はお好みで大丈夫ですが、横に一文字か、×印に入れることが多いです。

さんまの内臓をとる

さんまは内臓まで食べられる魚ですが、あまり好きでない人もいるでしょう。さんまのお腹側、頭の付け根あたりに包丁を入れてお腹を割いていき、裂け目から内臓を取り除きます。そして、開いた部分を上向きにして流水で洗い、血や内臓を洗い流しおえたら完了です。 また、さんまの内臓を一瞬で抜き取る「ツボ抜き」という裏技も!まず頭の部分に切り込みを3cmくらい入れ、骨までしっかりとカットしておきます。また、お腹からみて肛門の手前のところにも1cmくらいの切り込みを。その状態で頭をぐいっと折るようにしながら引っ張ると、内臓がスルスル抜けてきます。慣れてしまえば、10秒もかからない便利な技です。

【グリル】さんまのおいしい焼き方

グリルでさんまをおいしく焼くときには、グリルにサラダ油をさっと塗ってから、あらかじめ温めておきましょう。こうすることによって、さんまが網にくっつきにくくなります。グリルがしっかり温まったら、塩をなじませたサンマを網の上にまるごとのせます。

さんまをグリルにのせる

さんまに切れ目を入れるのもよいのですが、焼いた時に切れ目から旨味が逃げだしてしまうので、まるごと焼くのもおすすめです。 さんまを置く場所は熱源の近くに置くのが基本です。グリルの火力は熱源が両端についているものが多いので、熱源が両端にある場合にはその両端に置くとよいでしょう。また、しっぽの部分が焦げてボロボロになりやすいので、アルミホイルを巻いておくときれいな仕上がりになります。

グリルでさんまをおいしく焼きあげるコツ

グリルの火加減は中火。とにかくじっくりと焼き上げていくのがおいしくなるコツです。とくに脂がのったさんまは、強火にしてしまうと表面が焦げすぎてします。中火でじっくり焼き上げることで、さんま本来の旨味もUP。さんまの表面にまんべんなくおいしそうな焦げ目がついたらできあがり! グリルとさんまを焼き上げると、ジューシーかつホクホクに仕上がります。薬味には定番の大根おろしがおすすめ!醤油をかけてさっぱりといただきましょう。さんまとの相性も抜群です♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS