ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

旬のさんまは冷凍で長く楽しもう!

年中流通のあるさんまですが、9月から10月の旬の時期はサイズが大きく脂がたっぷり。塩焼きはもちろん、炊き込みご飯や炒め物にしてもおいしいですよね。 そんなさんまを少しでも長く楽しみたい方にぴったりなのが「冷凍保存」。上手な保存方法をマスターすれば、鮮度とおいしさをキープしたまま長持ちさせることができます。

さんまを冷凍する際注意するポイント

旬の生さんまはお刺身で食べるのが人気ですが、いち度冷凍してしまったものは必ず加熱してから食べるようにしましょう。さんまを生食する場合は、必ず鮮度の良いものを選び、アニサキスに注意が必要です。(※)

さんまの冷凍方法・解凍方法【生のまま冷凍する場合】

旬の時期の新鮮なさんまは生のまま販売されていますが、スーパーに並ぶものの多くは販売前にいち度冷凍されています。パッケージに「生」と表示されているもの以外は、自宅で冷凍すると再冷凍になるということを覚えておきましょう。

冷凍方法

1. さんまの内臓を取りのぞき、頭を切り落とします。
2. 透明な水が流れ出るまで、流水でしっかりと血を落とします。
3. ペーパータオルでしっかりと水気を拭き取ります。
4. 完全に水気がなくなったら、一尾ずつラップで空気が入らないように包みます。
5. フリーザーバッグに入れ、金属トレイにのせて冷凍します。

冷凍のコツ

三枚おろしなど、好きな形に切ってから保存してもOKです。その場合も同じように、一尾ずつラップで空気が入らないように包み、フリーザーバッグに入れて保存しましょう。 冷凍は3週間の日持ちを目安にしてください。

解凍方法と焼き方

生のまま冷凍したさんまは、必ず加熱してから食べるようにしましょう。塩焼きにする場合は、冷蔵庫または常温でしっかりと解凍してから調理すると生焼けが防げます。解凍中にドリップが出るので、下にペーパータオルなどを敷いておくと良いですよ。 炊き込みご飯など加熱時間が長い場合は、凍ったまま調理することも可能です。

特集

FEATURE CONTENTS