ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

無調整豆乳で作る鍋豆腐のレシピ

Photo by 稲吉永恵

調理時間:30分

無調整豆乳とにがりを使って手軽に豆腐を作ってみませんか。手作りの豆腐のおいしさは格別。濃厚で甘味を感じられ、やみつきになりますよ。できたての豆腐はとろりとやわらかく、冷蔵庫でしっかり冷やすと固まります。お好みで楽しんでくださいね。

材料(2人前)

Photo by 稲吉永恵

・無調整豆乳……300cc
・にがり……大さじ1杯

作り方

1. 豆乳とにがりを混ぜる

Photo by 稲吉永恵

土鍋に豆乳を静かに入れて、にがりを入れます。

Photo by 稲吉永恵

泡立たないように、木ベラでよく混ぜます。

2. 土鍋を火にかける

Photo by 稲吉永恵

土鍋を火にかけて、弱火で温めます。

Photo by 稲吉永恵

10〜15分ほどして、表面がフツフツとしてきたら火を止めます。

3. 土鍋にフタをして保温する

Photo by 稲吉永恵

土鍋にフタをして10〜15分ほどおきます。

Photo by 稲吉永恵

固まったらできあがりです。お好みで、小口ねぎやかつおぶし、しょうゆをかけて食べてください。

コツ・ポイント

豆乳とにがりを混ぜるときは、豆腐にすが入る原因になるため、泡を立てないようにゆっくり混ぜてください。豆腐を作るのに、適した豆乳の大豆固形分は10%以上、豆乳に対するにがりの量は、基本的には1%が目安。(豆乳500ccに原液のにがり小さじ1杯程度)

ただ、にがりの種類によって濃度が違い、一般的にスーパーで手に入るにがりは、原液を薄めたものが多いです。レシピで使用したものは原液を5倍に薄めたタイプなので、豆乳300ccに大さじ1杯のにがりを加えました。購入したにがりに記載された量で作り、何度か作って量を調節するのをおすすめします。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ