旬のおいしさを味わう。おすすめ牡蠣レシピ3選

1. サクサク衣をまとったジューシーな身。牡蠣フライ

Photo by macaroni

調理時間:20分

生牡蠣はちょっと苦手だけど、牡蠣フライは大好きという人が意外と多いのではないでしょうか。真牡蠣が旬の冬になると、行きつけの洋食店へ牡蠣フライを食べに行くという人も。そんな牡蠣フライを、おうちで手軽に作れるレシピです。牡蠣は必ず塩水でよく洗って使用してください。

2. 保存が利いて便利。牡蠣のにんにくオイル漬け

Photo by macaroni

調理時間:30分
保存期間:冷蔵で2~3日


牡蠣をオイスターソースで炒めたあとに、にんにくと輪切り唐辛子を入れるオリーブオイルに漬けこむレシピ。ビールやワインのおつまみにぴったりなだけでなく、バゲットにもよく合います。旬の牡蠣には、滅菌処理した生食用と加熱用がありますが、加熱用のほうが旨味が濃くておいしいですよ。

3. ちょっと大人の味わい。牡蠣とポテトのグラタン

Photo by macaroni

調理時間:30分

子どもの料理というイメージが強いグラタンですが、牡蠣を加えるだけで、ちょっとリッチな大人の味わいに変身。チーズをたっぷりかけて、こんがりと焼けば、ワインのおつまみにおすすめです。食材の味がわかってくる年頃のお子さんも、意外と喜んで食べてくれるかもしれませんよ。

旬の牡蠣のおいしさを家庭で楽しもう!

夏の岩牡蠣は流通量が少なくたいへん高価なため、普通の鮮魚店やスーパーの店頭で、いつも見かけるということはありません。一方で真牡蠣は冬場になれば、さまざまな産地のものが店頭に並びます。

外食でいただく牡蠣もたまにはよいですが、おうちで作る牡蠣料理なら、思う存分食べられるうえ経済的です。旬の季節に新鮮な牡蠣を見かけたら、ぜひ買い求めて、家族でその味を堪能してみてください。
【参考文献】
(2021/10/27参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ