いまでもRのつかない月に食べてはいけない?

冷蔵技術や流通網の発達で、食中毒を起こす可能性は昔と比べて格段に少ないです。ただし水質管理を怠って細菌が繁殖したり、有毒プランクトンによる一過性の貝毒を持ったりすることも。牡蠣を購入する際は、信頼できるお店や業者から購入するようにしてください。

Rのつかない月は、産卵で身が痩せて牡蠣がおいしくない時期、という意味合いもあります。しかし今では産卵しない真牡蠣の開発や、岩牡蠣などがあるので、一年中食べられるといって差し支えありません。つまりこのことわざは、現在は当てはまらないということになります。

真牡蠣と岩牡蠣の違いと特徴

形状とサイズ、生息地

真牡蠣と岩牡蠣ともにイタボガキ科マガキ属の二枚貝で、ごつごつして波打った殻の形状が印象的。どちらの牡蠣も日本全国に分布しますが、真牡蠣はおもに太平洋側の浅瀬を中心に養殖されています。

天然物が多い岩牡蠣は日本海側でよく獲れ、少し沖合の20mまでの深い岩礁域に生息。冷たい海水と敵から身を守るために、真牡蠣よりも殻が大きく厚みがあるのが特徴です。4~5年経過した岩牡蠣には、1kgを超える大物も見られます。

身の味わいに違いはある?

ミルキーで濃厚な味わいは、真牡蠣と岩牡蠣ともに変わりありません。真牡蠣の身はしっかりしていて、加熱するとプリっとした食感を楽しめるのが魅力。旨味たっぷりで栄養価が高いため、「海のミルク」と呼ばれています。

一方の岩牡蠣は殻が大きいだけでなく、身もひと口で食べることができないほど大ぶりで、さらに濃厚でクリーミー。ほんのり苦味や渋味も感じる味わいから、「海のチーズ」と呼ばれ、夏の牡蠣として珍重されることが多いです。

産地は全国各地に及ぶ

どちらの牡蠣も産地は全国各地に及び、名産地や特産地と呼ばれる地域も少なくありません。特に真牡蠣は陸上養殖ができるため、海のない県を含む、各都道府県の多くで養殖されています。

天然物が主流の岩牡蠣も、三重や島根県などで養殖が盛んにおこなわれているそうです。このあとに全国の名産地と呼ばれる代表的なエリアを、ピックアップして紹介します。

国内でよく知られている牡蠣の種類・名産地

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ