「芽ねぎ」ってどんな野菜?おすすめレシピ4選と栽培方法も!

料理の引き立て役である薬味のねぎですが、「芽ねぎ」というものをご存知でしょうか。料理の引き立て役にはとどまらず、お寿司のネタとしても人気の食材なんですよ。芽ねぎの特徴や産地、栽培方法まで!おすすめのレシピ4選と併せてご紹介します。

2018年11月6日 更新

芽ねぎとは

発芽してから間もない、細いねぎのことを「芽ねぎ」と言います。太さは1mm程度とかなり細く、長さは6~10cmくらい。やわらかな食感で少し辛みがあり、さわやかな香りが特徴的なねぎです。定番の食べ方は、寿司ネタに使うというもの。使い方もシャリの上にたっぷりのせて、のりで巻くだけと、とってもシンプルです。

主な産地・旬

芽ねぎの主な産地は静岡県と愛知県です。芽ねぎは1年を通して収穫することができるので、季節ごとの旬はなく、いつでも購入が可能です。まだまだマイナーなお野菜であり流通量が少なく、日持ちもせず、あまり保存がきかないことから、価格はやや高めとなっています。

スーパーで売ってる?値段は?

最近では内食の幅も広がり、いろいろなお店でも見られるようになりました。大型のスーパーやデパ地下なら出会える可能性が高いですよ。「芽ねぎ」のほかに「姫ねぎ」の名称で販売されているものもあり、1パック20gほどで300~500円程度で販売されています。

芽ねぎは家庭で栽培できる!

1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう