フランスの氷菓子「グラニテ」とは?フルーツや野菜のレシピ15選

フランス生まれの「グラニテ」は、果汁やコーヒーやシャンパンを凍らせて、シャリシャリに砕いた氷のお菓子のことです。ここでは、そんなグラニテの由来や、家で作れるレシピを紹介しています。食後のデザートにも、おやつにもぴったりなのでお試しあれ。

2018年11月12日 更新

8. シャンパンのグラニテ

パーティーやおもてなしの食事におすすめ、シャンパンを贅沢に使って、大人のデザートに仕上げていますよ。シャンパングラスに盛って、おしゃれに演出してみましょう。シャンパンがなくても、スパークリングワインで代用できますよ。

9. フルーツワインのグラニテ

フルーツたっぷりのワインを凍らせるだけ、簡単な大人のグラニテですよ。フルーツワインは、普通のワインが苦手な人でもカクテルみたいに楽しめますよ。フレーバーも豊富で、オレンジ・パインと好みのフルーツでチャレンジしてみてはいかが?

その他の人気グラニテレシピ3選

10. ミントのグラニテ

こちらはミントのさわやかさと、白ワインの大人の風味がマッチしたレシピです。ミントは細かく刻んで、白ワインのシロップで凍らせていきますよ。ミントの風味は、暑い日にもぴったりですね。白ワインをジュースやソーダにすれば子供も楽しめますね。

11. 豆乳抹茶のグラニテ

こちらは、和風の素材を使ったグラニテですよ。ちょっとほろ苦い抹茶と豆乳で作るので、大豆の旨味とコクも感じられますよ。仕上げのコンデンスミルクで、口中とろける甘さが広がります。子供からご年配の方も一緒に楽しめるデザートですね。

12. エスプレッソのグラニテ

エスプレッソを使ったグラニテのご紹介ですよ。エスプレッソに砂糖を溶かして冷凍庫に入れ、30分に1回、4~5回フォークでかき混ぜたら出来上がり。器に盛ってダークチョコレートをトッピングに。チョコのほのかな甘さと、コーヒーの香りでちょっとビターなお味に。

暑い夏はグラニテがおすすめ

グラニテはフランス発祥の氷のお菓子で、シャリシャリの食感が特徴です。 フルーツの果汁を凍らせてフルーティーに仕上げるのが主流ですが、凍らせた野菜をすりおろしてオードブル風に仕立てたり、お菓子以外の楽しみ方もありますよ。ガラスの器に盛り付けて涼しく見せたり、和風の陶器でシックに仕上げたり、いろいろアレンジが楽しめますよ。 手軽な素材で、簡単にできるので今年の夏は、グラニテで涼を感じてみてはいかがでしょうか。
▼暑い季節にぴったりの手作りスイーツレシピ♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS