フランスの氷菓子「グラニテ」とは?フルーツや野菜のレシピ15選

フランス生まれの「グラニテ」は、果汁やコーヒーやシャンパンを凍らせて、シャリシャリに砕いた氷のお菓子のことです。ここでは、そんなグラニテの由来や、家で作れるレシピを紹介しています。食後のデザートにも、おやつにもぴったりなのでお試しあれ。

2018年11月12日 更新

2. レモンのグラニテ

レモンの皮を器にして、とてもポップでキュートなグラニテの紹介ですよ。こちらは、レモンとグラニュー糖を使うレシピですが、グラニュー糖がなければ白糖でもOK。レモンの皮を水で蒸らすことで、レモンのフレッシュな香りが際立つデザートです。

3. ブドウのグラニテ

こちらのグラニテは、パープルカラーでおしゃれに仕上がるレシピ。色の秘密は、巨峰の皮を煮詰めて作りますよ。コロンとした巨峰の実を最後にトッピングすれば、今すぐ食べたい!そんな仕上がりになりますね。お客様のおもてなしにもぴったりですよ。

さっぱり野菜のグラニテレシピ3選

4. トマトのグラニテ

野菜やショウガでさっぱり仕上がるグラニテのレシピをご紹介。 まずは、夏野菜のテッパン「トマト」を使ったレシピですよ。トマトは丸ごと冷凍し、凍ったトマトの皮をむいて、あとはおろし器でするだけ。塩とオリーブオイルでイタリアン風な仕上がりなので、オードブルにもいいですね。

5. 大葉のグラニテ 梅ソース添え

暑いときの喉の渇きにぴったりなグラニテです。こちらは大葉と梅干しで、さっぱりした仕上がりですよ。水と大葉と砂糖を保存バッグで揉みほぐしながら凍らせます。最後に梅干しのソースを添えれば完成。ほんのり酸っぱい氷で喉を優しく潤せるひと品です。

6. ジンジャー風味ミルクグラニテ

夏の疲れが癒されそうなジンジャー入りのグラニテです。ミルクとヨーグルト・生クリーム・砂糖がベースとなり、クリーミーな舌触り。そこにジンジャーをプラスすることで、スパイシーな香りが生まれます。生姜の余韻で、すっきりした後味です。

大人のアルコール入りグラニテレシピ3選

7. 日本酒のグラニテ

ほんのりアルコールが香る大人むきのグラニテの紹介です。こちらは、日本酒をベースに作るグラニテ。砂糖は加えず、日本酒と缶詰アロエの甘さでいただきますよ。甘さが足りないと感じるときは、缶詰のシロップをかけて召し上がれ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS