コーヒーや紅茶の場合はどうする?

出すのがコーヒーや紅茶の場合、緑茶と違ってミルクや砂糖、レモンなど添えることがあります。 このときも、持っていく際はカップとソーサーを別にしておきます。一度サイドテーブルにお盆を置き、ソーサーにセットしましょう。このときにスプーンやミルク、砂糖を一緒にセットしましょう。 スプーンの持ち手は右に、カップの持ち手は左にするのが基本的なマナー。ミルクやシュガーはソーサーの空いている手前に、スプーンと並べて置きましょう。

突然の来客もスマートにこなしたい!

お茶を出す、というひとつをとってみても、お茶を淹れるところから、出す順番までいろんなマナーがあることがわかります。覚えてしまえば簡単で自然に対応できますが、慣れないうちは大変です。 最初は慌てずていねいに、ひとつひとつの動作を確認しながら対応しましょう。ゆっくり落ち着いて行動すれば失敗することもありません。 お茶出しマナーを覚えて、急な来客があったとしてもスマートに対応できるようになりましょう!
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ