覚えておきたいお茶出しのマナー!お茶の淹れ方から出す順番まで

来客時のお茶出しマナーを完璧にマスターしていますか?お茶を淹れるなんて簡単、と思われるかもしれませんが、意外と大変なのがお茶出しです。ひとつ間違えば相手の気を悪くすることもあるので、ぜひ正しいマナーを覚えて適切な対応を身につけましょう。

お茶の出し方の流れ

お茶を淹れる

「お茶を淹れるくらい簡単!」と思われるかもしれませんが、こと「おもてなし」を重視する来客マナーではさまざまな注意点があります。

ただお茶を淹れればいいというわけではなく、どんな茶葉を使うか、どの程度の温度で淹れるか、茶器はどうするかなども重要。

たとえば、大切な来客に番茶を出す、というのは憚られますよね。そうすると使う茶葉は煎茶。適温は70℃から90℃程度です。急須にお湯を注ぐ前に温度管理をしておく必要がありますね。

お茶を湯飲みに注ぐ際、あまりなみなみと注ぐのはよくありません。7分目くらいに留めましょう。あまりたっぷり注ぐと熱くて持てないことがあります。

お茶セットには茶托がありますが、最初から茶碗を茶托にのせて出すのはNGです。お茶は茶碗に注いでおいてもいいですが、茶托は別に重ねてお盆に置きましょう。

入室、茶碗と茶托のセット

来客中なので、まずはノックしてから入室します。このときしっかりと声をかけましょう。

そこからすぐお茶を出すのではなく、一度サイドテーブルなどにお盆を置き、茶碗と茶托をセットします。サイドテーブルがない場合がありますが、その際はテーブルの下座の角を利用して作業台がわりにします。無理に手で抱えて作業してしまうとお茶をこぼしかねません。

お盆を置いたら、茶碗の底を布巾でふき、茶托にセットします。

お茶を出す

お茶を出す際は相手の右後方にまわり、両手で茶托を持って出すとていねいです。「どうぞ」など声をかけると印象がよくなります。ただ、声をかけるかどうかはその場の雰囲気をつかむことが大事。大事な話の最中であれば無言でOKです。

お茶を出す際、部屋が狭くてお客様の後方に回り込めないことがあります。その場合、「前から失礼します」と一言添えて前から出しましょう。

お茶を出し終わったら、お盆を持って一例して退室します。

大人数にお茶出しするときのマナー

お茶出しの順番

来客がひとりの場合はその人に出すことだけを考えていればいいですが、人数が増えると誰からお茶を出すかも考えなければなりません。

お茶を出す順番は上座から。自社の社員など、知っている人であれば席順関係なく、役職が高い、上の立場の人からお茶を出します。上座、下座はわかりにくいですが、入り口から一番遠い席が一番、と覚えておくとわかりやすいでしょう。

4人席でふたりずつ向かい合う部屋であれば、左奥、左手前、右奥、右手前の順番で出します。もっと人数が多くなると、向かい合った席の、左側中央がいちばん上の立場の人であることが多いです。

気を付けること

大人数になればなるほど、テーブルの上が書類でいっぱい、ということもありますよね。そうするとお茶を置くスペースがありません。そんなときは、まず自社の社員で一番立場が下の人に声をかけましょう。

「お茶を持ってきたのですが」と声をかければ一旦その場の空気が変わることもあるので、テーブルの上を片付けてくれることが多いです。

大人数になるほど作業が増えて神経質になりますが、ていねいに対応することを心がけていれば大丈夫です。

焦らず落ち着いてお茶を出そう!

人数を正確に確認

お茶を出す前に人数を確認することが大事です。お客様、自社の社員がそれぞれ何人なのか、しっかり数えてからお茶を淹れましょう。

もし間違えて、お茶の数が足りなかった場合。そんなときは焦らず、一度そこにある分だけお茶を出してから追加を淹れにもどりましょう。その際、お客様から配り、続いて自社の上の立場の人から配ります。

足りない分を淹れたらもう一度入室し、まだ出していなかった人に出しましょう。

お菓子を一緒に出す場合

お茶と一緒にお菓子を出すこともありますよね。時間帯によってはお茶請けのお菓子があると親切です。

お菓子を一緒に出す場合、まずはお菓子から出します。お菓子を置いたら、その右にお茶を出しましょう。

お客様から手土産にお菓子をいただくこともあるかと思いますが、その場でいただいたお菓子を出すのはNGです。用意していた別のお菓子を出すようにしましょう。

ただ、手土産が生菓子(冷たいもの)であったり熱いものであったりすると別です。「お持たせですが……」と一言声をかけてから一緒に出すのもいいでしょう。これはお客様とどの程度親密かにもよります。

お茶をこぼしてしまった場合

大切なお客様のお茶出し対応は緊張しますよね。あってはならないことですが、がちがちに緊張してお茶をこぼしてしまう、ということもあり得ます。

その場合、まずはお客様の服にお茶がかかっていないか、汚れていないかを確認しましょう。「大変申し訳ございません」と謝り、新しいお茶を淹れ直します。

時間が長引いてきたら

特集

SPECIAL CONTENTS