桜茶の入れ方と正しい飲み方!桜は食べる?残す?

結納のお祝い事に欠かせない桜茶。湯飲みに浮かぶピンクの花びらがとてもかわいいですよね♪ 今回は、桜茶の味、桜茶の入れ方や飲み方、中の桜は食べるべき?購入や手作りできる?などなど、桜茶について知りたい方の疑問を一気に解決しちゃいます!

春の訪れを告げる♪ 桜茶とは?

桜茶とは、桜の花を梅酢と塩で漬けたものにお湯を注いだ飲み物のこと。透明なお湯に桜のピンクがよく映える、春らしさ満載の日本の風物詩です!桜の香りと梅の酸味、そしてほんのりと塩味が効いた絶妙な味わいは、桜茶でしか味わえません。

また、お湯の中で花びらがひらいていく様子はとても美しく、味だけでなく見た目でも楽しむことができます♪ 桜は日本を代表する花なので、最近では外国人の方が購入するお土産として人気があるようです。

お祝いの席には桜茶が欠かせない!

桜茶は、結納や出産などのお祝い事の時に出される、おめでたい象徴のような飲み物です。お湯の中で花びらがひらくことは“未来が花ひらく”ととらえられ、縁起をかつぐという願いが込められています。見た目や色合いもきれいですから、華やかな席やおもてなしにはぴったりですね!

逆に煎茶や緑茶など、色のついたいわゆる普通のお茶は“お茶をにごす”“茶々を入れる”という言葉につながるとして、お祝い事の場では避けられます。

桜茶の入れ方

しょっぱさがやわらぐ!桜の塩抜き方法

桜の塩漬けをそのまま入れてしまうと、桜茶の味がしょっぱくなりすぎることがあります。それを避けるため、まずは小さめの器に桜の塩漬けを入れ、少しだけぬるま湯を注いでください。

そのあとスプーンなどで桜をやさしく押し、塩分をお湯に染み出させれば桜の塩抜きの完了です!塩分の出たお湯は、このあと桜茶を入れる時に使うので取っておいてください♪

ていねいな桜茶の入れ方

塩漬けには八重桜を使う

桜茶に使う塩漬けの桜は、花びらが何重にもかさなっている“5から8分咲きの八重桜”が一般的です。八重桜は一重の桜より濃いピンク色をしているので、お湯を注いだ時にふわっとひらく姿が美しく、花びらが多い方が一重よりも見ごたえがありますね!

桜茶を入れる手順

ひとつの茶わんにはひとつの花が基本ですので、まずは塩漬けの桜をひと房ずつに分けます。そのあと上記のように桜の塩抜きを済ませ、花を別の茶わんに移して熱湯を注いでください。この時、塩抜きで使ったぬるま湯をティースプーン1杯ぶん入れると、より香りと味が引き立っておいしくなるのでおすすめです♪

桜は食べる?残す?桜茶の飲み方とマナー

おめでたいハレの席でふいに桜茶が出された時、どのように飲んだら良いか困ったことはありませんか?何かマナーやお作法があるのでしょうか?基本的に、桜茶は小さな湯飲みや茶わんで出されますので、すべて飲み切るのが入れていただいた方に対しての礼儀でしょう。

最後に残った桜の花ですが、目的はあくまでもお湯に香りを移すことなので、残すのが一般的なようです。よりスマートなのは、茶わんに残さず懐紙に包んで持ち帰る方法。飲み終わったあとの器をきれいに見せることができます!

桜の塩漬けはどこで購入できるの?

桜茶に欠かせない桜の塩漬けですが、近所のスーパーでいつでも見かけるという方は少ないと思います。高級スーパーや品ぞろえの良いお店に行かないと売られていない場合が多いですね。

しかし最近は、ネット通販で手軽に手に入れられるようになりました。また、お庭に八重桜があれば自宅で塩漬けにチャレンジすることもできますよ♪

手作りしよう!桜の塩漬けのレシピ

特集

SPECIAL CONTENTS