ベチャっとならない!基本の「ほうれん草のソテー」の作り方

メインの付け合わせやお弁当の隙間、副菜にと大活躍なのが色味鮮やかな人気メニュー「ほうれん草のソテー」です。家で作る時、べチャッと水分が出てしまいませんか?おいしく作るにはポイントがあるんです。コツを知って上手に作りましょう♪

「ほうれん草のソテー」の作り方

ほうれん草のソテー

Photo by ako0811

栄養満点食材として人気の高いほうれん草はひと束(200g前後)で40~54kcalほど。バター10gを加えてソテーにしても100kcalに満たないヘルシーな副菜です。そんなほうれん草のソテー、おいしく作ってもりもり食べてもらうために、ちょっとしたひと工夫をご紹介します。

これで渋み、苦みともさようなら!野菜嫌いも克服されるかもしれません。ぜひお試しくださいね。

材料(4人分)

ほうれん草ソテーの材料

Photo by ako0811

・ほうれん草……2束
・塩……小さじ1/3杯
・バター……10g
・塩・こしょう……少々
・しょうゆ……お好みで

下準備

1. ほうれん草を洗ってカットします。

ほうれん草を切っている様子

Photo by ako0811

ほうれん草の根っこはカットします。根が生えている部分のみカットし、切りすぎないように注意しましょう。
ほうれん草を切った様子

Photo by ako0811

ほうれん草を同じ方向に手で持ち、根のほうを向けて平らになった根の部分に十字に切り込みを入れます。

※株元が一番栄養があり甘味を感じておいしいのですが、泥がついていますので切り込みを入れて洗いやすくします。
洗っている様子

Photo by ako0811

水をためて、ねっこの部分をきれいに洗って泥を落としましょう。追って全体を洗ったらざっくり半分にカットして葉と茎とに分けておきます。葉と茎とに分けることでゆで時間の調節が簡単にできます。

2. たっぷりのお湯でゆでます。

茹でている様子

Photo by ako0811

たっぷりのお湯を沸かし、塩を加えて沸騰させます。沸騰したら、茎の部分を先に入れ再度沸騰したら葉の部分を順に入れ菜箸で全体が湯につかるように軽く混ぜましょう。茹で時間は10秒程度にし、さっと固めにゆでます。

3. 冷水にとって絞ります。

冷水に移した様子

Photo by ako0811

大きなボウルに冷水を用意しておきます。ゆでたほうれん草を冷水にさらします。ゆでて野菜の水分を出すことで、炒め物をした時にべチャッとせずおいしく仕上がります。また冷水にさらすことでパッと発色よく、ほうれん草独特の渋みやアクもぬけ切ります。
硬く絞っているようす

Photo by ako0811

粗熱が取れたらほうれん草を長さをそろえて棒状に持ち、手でギュッと絞ります。硬めにゆでているのでちぎれたりしませんが、優しく水を絞るようにしましょう。そのままお好みの長さ(3~5cm幅くらい)にカットします。これで、ほうれん草の下準備は終わりです。

作り方

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう