じゃがいもの中華炒めレシピ3選

6. 色鮮やかで食欲そそる「いろいろお野菜の中華炒め」

じゃがいもはメークインを使用し、赤ピーマン、にんにくの芽、たけのこを豚肉と共に炒めたレシピです。 豚肉はお野菜と揃え細切りにして、中華らしく仕上げましょう。食べやすくなるだけでなく、盛り付けたときの美しさもアップしますよ。

7. ガーリックの香りただよう「ポテトと豚バラの中華風炒め」

薄切りにしたじゃがいもと、下味しっかりめの豚バラ肉をにんにくと共に炒めます。豚バラ肉の脂を吸ったじゃがいもは、香ばしさが増して食感もサクっと仕上がりますよ。 味付けには中華あじの素を使用。ちょっぴり濃い味付けがやみつきになるレシピです。

8. 甘辛バランスが絶妙「牛肉とじゃがいもの豆板醤炒め」

にんにくとしょうが、豆板醤、甜面醤を使用して中華風に仕上げています。牛肉を使っているのでメインおかずとしてもおすすめです。 辛さが苦手な人は、豆板醤の量を調整すれば食べやすくなりますよ。その際には味噌の量を増やせば、薄味にならずおいしく仕上がります。

じゃがいもの炒め煮レシピ3選

9. ほっこりと和むおいしさ「鶏ひき肉のそぼろ炒め煮」

じゃがいもと共に炒めた鶏ひき肉を、和風だしで炒め煮し、水溶き片栗粉でとろみを付けて仕上げているレシピです。とろみを付けることで味が凝縮し、食べやすくなります。 じゃがいもは前もってレンジで火を通すので、短時間で調理が完了するのが嬉しいですね。汁気がないのでお弁当にもおすすめですよ。

10. うまみを吸った春雨がポイント「じゃがいもと鶏肉の炒め煮」

鶏肉とじゃがいも、にんじん、キャベツ、えのきなどたくさんの具材を一気に炒め、調味料と共に春雨を投入。味をしっかり吸った春雨は、ご飯のおかずに最適です。 春雨が柔らかくなるまで、4分から5分ほどしっかり炒め煮するのがおいしく仕上げるコツ。ひと皿でお腹いっぱいになれる、とてもボリューミーなレシピです。

11. こっくり煮込んだ絶品「手羽中とじゃがいものオイスター炒め煮」

オイスターソースで炒め煮をした手羽中とじゃがいものレシピです。じっくり炒め煮するので、手羽中は柔らかく仕上がります。じゃがいもは手羽中のうまみを吸い、コクのある味わいです。 仕上げには菜の花を添えていますが、ブロッコリーなどでも応用可。こっくりとしたお味は、炒め煮でなければ作ることは難しでしょう。

特集

FEATURE CONTENTS