レモンは無農薬がおすすめ

皮も一緒に漬け込みたい場合は、無農薬のレモンを選びましょう。国産のレモンであれば安心ですが、不安な方は塩でこすり洗いをしておくと◎ 外国産のものはワックスや農薬がついています。やむなく使う場合は、塩でこすり洗いをし、食品用の重曹で二度ほど洗うと落ちてくれます。 そこからさらに、沸騰したお湯にさっとつけると安心です。それでも心配な方は皮を入れずに作るほうがいいでしょう。多少風味は落ちますが、皮を入れる工程だけ除けば、作り方は変わりません。

お酒はお好みで

ホワイトリカーのほかにもレモン酒に合うお酒があります。ウォッカやジンで漬けるとガツンとした飲み口に。ブランデーだと香りよく仕上がります。日本のお酒だと日本酒や焼酎もあります。 しかし、度数の低いもので漬けてしまうと酒税法違反に抵触してしまうため、焼酎や日本酒で漬けたい方は度数が20%以上のものを使用するようにしましょう

おすすめの飲み方

Photo by mikA.K

ロックで

まずはロックで味わってみてください。レモンの爽やかな香りがふわっとお口のなかに広がります。 氷をたくさん入れたコップに入れるだけで飲めちゃいます。ただ、アルコール度数が高いので飲みすぎには気を付けてください。

ソーダ割りで

ソーダで割るとジュースのような飲み口になります。割り方は1:1。覚えやすいのもうれしいですね。レモン酒に甘さがあるので、お砂糖の入っていないソーダで割ると◎ 氷をたっぷり入れれば夏にぴったりなお酒に!

お湯割りで

レモン酒はお湯で割ってもおいしくいただけます。その場合も分量は1:1。体の奥からじんわりと温まるお酒になります。冬場にはもちろん、冷房で冷えた夏の体にもうれしいお酒に仕上がりますよ。

特集

FEATURE CONTENTS