ライター : morico

WEBライター

レモンサワーのおいしさ再発見!

Photo by morico

レモンサワーとは

レモンサワーとは、雑味のないクリアな蒸留酒にレモン果汁や甘味を加え、炭酸水で割るカクテルの一種です。ほとんどの居酒屋に置いている、スタンダードで定番のアルコール飲料。蒸留酒の種類は、4大スピリッツのウォッカやジン、ラム、テキーラのほか、焼酎を使うこともあります。

焼酎で作るものは本来、レモンチューハイまたはレモンハイというのが正しい呼び方です。一方のレモンサワーは、洋酒系の蒸留酒を使うのが一般的。しかしいまは、どちらもレモンサワーと呼ばれ、ベースとなるお酒の区別はとくにありません。

さわやかなレモンの香りと酸味、炭酸水のすっきりしたのど越しで、飲みやすいと人気のドリンク。和食から洋食、中華、エスニックまで、ジャンルを問わずどんな料理にもよく合います。

焼酎を使うレモンサワーの作り方

Photo by morico

調理時間 5
焼酎を使い、自宅で簡単に作れるレモンサワーのレシピをご紹介します。手軽に作れて飲みやすく、レモンのさっぱりとした爽やかさを堪能できますよ。フレッシュなレモンを使うほうがのどごしがすっきりでおすすめ。レモンサワーで晩酌を有意義な時間にしましょう。

材料(1杯分)

Photo by morico

コツ・ポイント

  1. 甘味のない辛口の仕上がりなので、甘さを追加したい場合はガムシロップを足しましょう
  2. グラスは細長い、タンブラータイプがおすすめです
  3. 作る直前まで、グラスを冷蔵庫で冷やしておくと、さらにおいしくいただけます
  4. 氷入りのグラスに焼酎を注いでから、一度ステアすることで、アルコールのツンとした刺激がやわらぎます。

作り方

1.グラスを冷やす

グラスに氷を入れてステアしている様子

Photo by morico

グラスに氷をたっぷり詰め、マドラーでステア(軽く混ぜる)して、グラスを冷やします。

2.焼酎を入れる

氷の入ったグラスに焼酎を入れている様子

Photo by morico

焼酎をグラスに入れて、氷ごとステアします。

3.強炭酸水を注ぐ

氷と焼酎の入ったグラスに強炭酸水を注いでいる様子

Photo by morico

グラスの縁から強炭酸水をゆっくりと注いだら、炭酸の泡をつぶさないよう1~2回ステアします。

4.レモン果汁を加える

焼酎と強炭酸水の入ったグラスにレモンを搾っている様子

Photo by morico

レモンをグラスの上でギュッと搾り果汁を加えます。

5.レモンをトッピングして完成

レモンサワーに輪切りレモンをトッピングしている様子

Photo by morico

お好みで輪切りレモンを、グラスにトッピングして完成です。

ワンランク上のレモンサワーを作る方法

レモン2個で作る究極のレモンサワー

Photo by morico

レモンを縦に4等分し、それぞれを半分に切り、2個のレモンを16個のカットレモンに分割。12個は冷凍し、4個は冷蔵庫で保管します。大きめのタンブラーに、冷凍した12個のレモンを氷代わりに入れ、その上に4個の冷蔵レモンをのせればOK。

あとは蒸留酒と炭酸水を注げば、レモンの風味が濃厚なレモンサワーの完成です。グラスの大きさにあわせて、カットレモンのサイズを調整してください。

編集部のおすすめ