極めたい!「レモンサワー」の作り方と試したいアレンジ方法

レモンのさわやかな酸味と香り、清涼感がやみつきになるおいしさの「レモンサワー」。またどんな料理にも合うのも魅力ですよね。そんな夏にぴったりのレモンサワーがもっとおいしくなる作り方や、コツをご紹介します。ぜひ自宅で試してみてくださいね♪

レモンサワーのおいしさ再発見!

レモンサワーとは

レモンサワーとは焼酎と炭酸、レモン果汁を割ったお酒の一種。居酒屋に行くと必ずは置いてあるであろう定番サワーですよね。お好きな方も多いのではないでしょうか?

さわやかなレモンの酸味が炭酸によく合い、喉ごしもすっきりして飲みやすいのが特徴です。和食から肉料理などのこってり系まで、どんな料理にもよく合います。

気になるカロリー

レシピにもよりますが、レモンサワーの平均的なカロリーは1杯170kcalほど。ビールの中ジョッキで約210kcal、日本酒1合で約193kcalですから、ほかのポピュラーなお酒と比べて、比較的カロリーは低めです。

絶品レモンサワーの作り方

材料(1人分)

・国産レモン……適量
・焼酎 ……60cc
・炭酸水……90cc
・氷……適量

グラスは細長いものがベスト。よく洗ったグラスを作る直前まで冷蔵庫で冷やしておくと◎

作り方

1. 冷蔵庫で冷やしてあったグラスに氷をたっぷりとつめます。マドラーなどで軽くステアしてグラスをよく冷やしましょう。

2. 焼酎をグラスに入れて、氷ごとステアします。ステアすることによって、アルコールがまろやかな味になります。

3. グラスのふちから炭酸水をゆっくりとそそぎ、炭酸の泡が消えないよう軽くステアします。

4. しぼりやすい大きさにカットしたレモンを皮を下にして、グラスの中にぎゅっとひとしぼりします。

5. 輪切りにしたレモンをお好みでグラスの中に入れて完成です♪

市販品を活用しても

手軽にレモンサワーを作るために市販品を活用するのもいいですね♪ 焼酎にレモン果汁が入っていて、炭酸を入れるだけの「レモンサワーの素」やレモン果汁と砂糖が入ったレモンサワー専用の炭酸の割り材などが市販されています。

ワンランク上のレモンサワーを作る方法

生のレモンや冷凍レモンを使う

生のレモンや冷凍レモンを使うと、レモン本来のさわやかな香りや酸味が堪能できます。特に冷凍レモンはおすすめ。凍ったままのレモンの皮をすりおろして香りづけしたあとは、そのままグラスの中へ入れてしまいましょう。

氷の代わりにもなり、レモンが溶けていくにしたがって味の変化も楽しめますよ♪

ミントなどお好みのハーブを加える

ラムベースのカクテル、モヒートのようにお好みのハーブを加えてもまた違った風味が味わえます。例えばレモンとミントの相性は抜群♪ さわやかな清涼感がプラスされます。ほかにもローズマリーを入れると、甘くてすっきりとした香りでいただくことができます。

レモンのイエローとハーブのグリーンがよく合って、ビジュアルもおしゃれです。いろいろなハーブを試してみるのも楽しいですね♪

自家製レモンサワーで晩酌を楽しもう!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう