基本の「かつらむき」の方法を徹底伝授!包丁の選び方や活用レシピも

難しいイメージのある「かつらむき」のやり方と上達のコツをご紹介します♪ 包丁の持ち方や手の動かし方をマスターして、上手なかつらむきを作ってみましょう!かつらむきはいろいろな料理に活用できるので、ぜひマスターしてみてくださいね。

2018年11月12日 更新

3. 厚めに皮をむいて凹凸をなくす

大根をむいている様子

Photo by yucchi

大根の太い方が手前になるように持ち、皮をむいていきます。表面の凹凸をなくすように厚くむくのがポイントです。また、大根がなるべくキレイな円柱になるのを意識しながらむくことで、かつらむきをしやすくなります♪
綺麗な円形の大根

Photo by yucchi

大根がいびつな形の場合は、一度皮をむいてから気になるところを薄くそぎます。大根の表面がなめらかになり、なるべくキレイな円柱の形になったら下準備は完成です!

大根の持ち方

4. 包丁は握るように持つ

包丁を持っている様子

Photo by yucchi

包丁は握るように持ち、人指し指で包丁の裏側を支え、親指はまっすぐ伸ばして添えます。

5. 反対側の手で大根を包み込むように持つ

大根を持っているようす

Photo by yucchi

大根は指で包み込むように持ちます。親指は手前に出して伸ばすように大根に添えます。

手順

6. 大根を表面から薄くむいていく

大根をむいている様子

Photo by yucchi

大根を表面から薄くむいていきます。大根を左手で回しながら、包丁は上下に小刻みにスライドさせるように動かしてください。

このとき、右手の親指は包丁を上下にスライドさせるように動かし、左手の親指は大根と包丁の間に隙間ができないようにかるく添えるのがコツです。手を切らないように注意してくださいね。
大根をむいている様子

Photo by yucchi

包丁の刃が大根に寄りすぎるとかつらむきが厚くなり、逆に離しすぎるとかつらむきがすぐにちぎれてしまいます。なので、包丁は大根に対して平行になるように意識することで、薄いかつらむきができます。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yucchi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう