ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おしゃれ&おいしいグルメ情報を発信します。

薄刃包丁とは?

薄刃包丁は和包丁のひとつであり、野菜を切るときに向いています。食材を薄く切ることができ、スパッと切れ味がいいところが特徴。じゃがいもや大根などの野菜は、硬く切りにくいこともありますが、薄刃包丁を使うことで楽に美しく野菜をカットできますよ。

薄刃包丁を選ぶときのポイント

種類

東型(江戸型・関東型)

東型の薄刃包丁は刃が薄く、平らで全体的に長方形のような形が特徴です。一般的にイメージされる薄刃包丁は東型であり、硬く割れやすいレンコンや長芋などの野菜でも、スパッと切れますよ。

その反面、皮むきや細かい作業には不向きなので、普段の調理で野菜をたくさん切る機会が多い方におすすめです。

鎌型

包丁の背がゆるくカーブし、丸みを帯びた形が特徴です。野菜を切るだけではなく、刻んだり皮をむいたり、細かい作業に向いています。

素材

薄刃包丁の素材は、ステンレスと鋼の2種類に大きく分けられます。ステンレスは一般的な包丁に使われているように、刃こぼれや錆びを起こしにくいことがメリット。初めて薄刃包丁を使う方にぴったりです。

鋼はプロの料理人が使う素材であり、抜群の切れ味が魅力です。切れ味の良さから、食材が潰れたり割れたりすることがなく美しい仕上がりになります。しかし鋼は上級者向きで研ぎにくいので、料理初心者の方はステンレス包丁から始めることをおすすめします。

刃渡り

薄刃包丁の一般的な刃渡りは15~30cmで、なかでも18~21cmのタイプが使いやすいですよ。厚みのある野菜を切るときは21cm前後、かつらむきや皮むきに適しているのは15~18cmです。

東型のおすすめ薄刃包丁4選

1. 貝印「銀寿ST和包丁 薄刃」

ITEM

貝印「銀寿ST和包丁 薄刃」

¥2,936〜

・サイズ:全長約29.2cm/刃渡り約16.5cm ・重量:118g ・素材:ステンレス単層材(刃材:ハイカーボンモリブデンステンレス刃物鋼)

※2020年10月2日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS