保存期間は?

皮つきの茹で栗も6ヶ月ほど冷凍保存できるといわれますが、調理済みなため風味のことを考慮すると、3ヶ月ほどで使い切るようにしましょう。一方の皮なし茹で栗はさらに風味が劣化しやすいことから、1ヶ月くらいで食べきってください。

解凍方法と食べ方

皮付きの冷凍茹で栗の場合

皮付きの冷凍茹で栗も冷凍生栗と同様に、熱湯に5分ほど浸けて解凍すると鬼皮と渋皮がむきやすいです。ひとつ食べてみてなかがまだ凍っているようでしたら、電子レンジで少し加熱するとすぐに食べられます。

皮をむいた冷凍茹で栗の場合

皮をむいた冷凍茹で栗は熱湯に浸けたり、自然解凍は栗本来のほくほく感がなくなってしまいますのでNG!電子レンジで様子を見ながら加熱するのが一番ですが、加熱しすぎるとパサパサになりますので注意してください。

ぜひ覚えていてほしい栗を甘くする裏技

栗を収穫してから4週間から6週間ほど0℃の低温状態に置くと、でんぷんが糖に変化して甘さが数倍増すといわれます。家庭ですと冷蔵庫のチルド室がぴったりな環境ですね♪ すぐに食べなくても大丈夫でしたら、生栗を新聞紙に包んでチルド室か、冷蔵庫内の一番温度の低い場所で保管してみてください。きっと驚くような甘さの栗を味わえますよ。

旬の栗を長く味わえる冷凍保存♪

皮付きに皮なし栗、生や茹で栗といろんな状態の栗を冷凍できますが、なんといっても皮付きの生栗が一番冷凍保存に適しています。旬の生栗をたくさん購入したりいただいたときは、迷わずに冷凍しましょう。 お正月の栗きんとん作りにも役立ちますし、思い立ったときの栗ぜんざいもいいですね♪ 冷凍保存を上手に活用して、おいしい旬の栗を味わってください。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ