旬の栗を冷凍して長期保存!冷凍のメリットから保存、解凍方法まで

旬の秋になると出回るほくほくと甘い栗。栗は冷凍しても品質があまり変わらないため、冷凍保存に適した食材だといわれます。そんな栗を冷凍するメリットや保存法、保存期間に解凍方法、調理法と栗をさらにおいしくするための裏技などをご紹介します。

2018年6月8日 更新

栗を冷凍保存するメリットは?

なかの渋皮がむきやすくなる

栗の皮むきは手間がかかり、いつも苦労しますよね。外の鬼皮をむくのに包丁を使って怪我することもありますし、せっかくむいても今度は渋皮が……。そんな栗も一度冷凍すると鬼皮が柔らかくなってむきやすくなり、一緒に渋皮もついてきて簡単にむけるという利点があります。

品質低下を防ぎ防虫対策になる

栗は時間経過とともに実の水分が蒸発して、おいしさが損なわれます。栗は冷凍しても品質があまり変化しないため、品質維持のためにも冷凍すべきです。また常温で放置しておくと虫に食われて、せっかくの栗がだめになってしまうこともありますので、冷凍保存がおすすめなんです。

生栗の冷凍保存と解凍の仕方

二通りの保存方法

皮付きの生栗の場合

生栗をきれいに水洗いしてから、キッチンペーパーで水気を拭きとります。それを密閉できる冷凍保存袋に入れて、空気をしっかりと抜いてから冷凍庫で保存。使う分だけ出せるように小分けにしておくと便利ですね。

皮をむいた生栗の場合

生のむき栗をそのまま冷凍すると乾燥しておいしくありません。そのため冷凍保存袋に入れてから、栗の量の2割ほどの砂糖を加えて全体にもみ込んだあと、しっかりと空気を抜いてから冷凍すると乾燥を防いでくれますよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう