ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

皮付き栗の保存方法

まずは、皮付きの栗の保存方法からご紹介します。皮がついているから……とついつい適当になってしまいがちですが、このひと手間を惜しまないことで、調理時に旨みや香りを損なわず新鮮な状態でいただくことができますよ。

常温の場合

皮付きの栗を常温で保存する場合は、新聞紙で包みましょう。直射日光や高温を避けて、涼しい場所に保存することが大切です。 このほか、洗った栗をバケツなどに入れ、水を加えて保存する方法もあります。その際水は毎日変え、乾燥を防ぎましょう。常温保存の場合、1週間程度で食べるのがおすすめです。ですが、栗の中には虫がいる可能性もあるため、できれば常温保存は避けた方が無難です。

冷蔵の場合

冷蔵庫で皮付き栗を保存する場合は、栗の表面の汚れを落とし、1日天日干しにしましょう。栗の中の水分が適度に抜け、甘さが凝縮されます。 そして常温での保存と同様、栗を新聞紙に包み、ビニール袋に入れて野菜室で保存してください。新聞紙が湿ったら新しいものに変えてくださいね。冷蔵庫で保存する場合は最長で3ヶ月ほど保存ができます。

冷凍の場合

栗は0度に近い環境になればなるほど、甘みが増します。寒い環境に1ヶ月程度おくことで、多くて3倍程度まで甘味が増えるのだとか。 皮付きの栗は、フリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。こうすることで甘みが増しますが、食べることを考えると皮はあらかじめ剥いておくほうが便利かもしれません。また、解凍する際は完全に解凍してしまうのではなく、半解凍の状態もしくは皮を剥いた状態で冷凍し、凍ったままで使いましょう。皮付き栗の保存期間はおよそ半年です。

ゆで栗の保存方法

皮付きの栗を毎回処理するのはなかなか根気が必要なもの。どのように使うかは決めていないけれど、とりあえずゆでてみたという方もいるでしょう。次は、ゆで栗の保存方法をご紹介します。

常温の場合

ゆでた栗の常温保存はおすすめできるものではありません。長くても3日以内に食べ切るようにしましょう。 常温保存する場合は、フリーザーバックや密閉できる容器に入れて保存します。このとき、粗熱はしっかりと取り、冷えた状態で保存することを忘れずに。できればフリーザーバックの中の空気を抜き、真空状態にしましょう。こうすることで乾燥してポソポソした食感になってしまうことを防げます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS