【状態別】栗の正しい保存方法!おいしさ長持ちのポイントとは?

秋にかけて旬を迎える栗。保存方法を知らないと、一度に大量に使わないと!と焦ってしまうことも。栗は保存方法をおさえていれば無理に使う必要もなくなりますよ。ここではいまが旬の栗の保存方法について、詳しくご紹介していきます。

皮付き栗の保存方法

まずは、皮付きの栗の保存方法からご紹介します。皮がついているから……とついつい適当になってしまいがちですが、このひと手間を惜しまないことで、調理時に旨みや香りを損なわず新鮮な状態でいただくことができますよ。

常温の場合

皮付きの栗を常温で保存する場合は、新聞紙で包みましょう。直射日光や高温を避けて、涼しい場所に保存することが大切です。

このほか、洗った栗をバケツなどに入れ、水を加えて保存する方法もあります。その際水は毎日変え、乾燥を防ぎましょう。常温保存の場合、1週間程度で食べるのがおすすめです。ですが、栗の中には虫がいる可能性もあるため、できれば常温保存は避けた方が無難です。

冷蔵の場合

冷蔵庫で皮付き栗を保存する場合は、栗の表面の汚れを落とし、1日天日干しにしましょう。栗の中の水分が適度に抜け、甘さが凝縮されます。

そして常温での保存と同様、栗を新聞紙に包み、ビニール袋に入れて野菜室で保存してください。新聞紙が湿ったら新しいものに変えてくださいね。冷蔵庫で保存する場合は最長で3ヶ月ほど保存ができます。

冷凍の場合

栗は0度に近い環境になればなるほど、甘みが増します。寒い環境に1ヶ月程度おくことで、多くて3倍程度まで甘味が増えるのだとか。

皮付きの栗は、フリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。こうすることで甘みが増しますが、食べることを考えると皮はあらかじめ剥いておくほうが便利かもしれません。また、解凍する際は完全に解凍してしまうのではなく、半解凍の状態もしくは皮を剥いた状態で冷凍し、凍ったままで使いましょう。皮付き栗の保存期間はおよそ半年です。

ゆで栗の保存方法

皮付きの栗を毎回処理するのはなかなか根気が必要なもの。どのように使うかは決めていないけれど、とりあえずゆでてみたという方もいるでしょう。次は、ゆで栗の保存方法をご紹介します。

常温の場合

ゆでた栗の常温保存はおすすめできるものではありません。長くても3日以内に食べ切るようにしましょう。

常温保存する場合は、フリーザーバックや密閉できる容器に入れて保存します。このとき、粗熱はしっかりと取り、冷えた状態で保存することを忘れずに。できればフリーザーバックの中の空気を抜き、真空状態にしましょう。こうすることで乾燥してポソポソした食感になってしまうことを防げます。

冷蔵の場合

ゆで栗を冷蔵保存する場合は、基本的に常温保存と同じ方法です。ゆでた栗の粗熱をとり、フリーザーバックや密閉容器に入れてください。そのまま冷蔵庫で保存するだけでOKです。

冷蔵保存する場合でも、長くて3日程度を目安にしましょう。これ以上長く冷蔵庫に入れておくと、味はもちろん、水分を失い、食感も悪くなってしまいます。

冷凍の場合

ゆで栗を冷凍保存する際は、固めにゆでましょう。柔らかくゆでて冷凍すると解凍後の栗がべちゃべちゃになってしまいます。冷凍する際は皮と渋皮を取り除いてから、表面の水分を取り除きます。重ならないように、ラップに包み、フリーザーバックに入れて冷凍しましょう。

解凍して使用する場合は自然解凍でも電子レンジでも構いません。炊き込みご飯や煮物に使用する際は、凍ったまま使ってもOK。冷凍保存の場合は1ヶ月を目安に食べるようにしましょう。

焼き栗の保存方法

続いては、焼き栗の保存方法をご紹介します。基本的に一度加工してしまったものはなるべく早くに食べることをおすすめしますが、どうしても保存しなければならない場合は次の点に気をつけながら保存してくださいね。

常温の場合

焼き栗は常温でおいておくと、すぐにカビが生えてしまいます。季節にもよりますが、湿気の多い梅雨時期や春から夏にかけては注意が必要です。

どうしても常温保存する場合は気温・湿度ともに低い冬場がおすすめ。その場合、粗熱のとれた焼き栗を新聞紙やキッチンペーパーで包み保存しましょう。常温で保存する場合は2日を目安に食べるようにしてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう