調理済み栗の保存方法

最後に調理済みの栗の保存方法についてです。何度も調理するのは面倒だからと一度にまとめて調理してしまう方も多いのではないでしょうか。調理済みの栗を保存する場合は、どんな方法があるのでしょうか?

渋皮煮

渋皮煮を保存する際は、瓶や密閉容器でOKです。ただし、常温保存をする場合は、日持ちしませんので注意しましょう。常温保存の場合、3日ほどで食べるようにしてください。長期保存する方法としては、グツグツと沸騰させた渋皮煮を瓶の中に入れ、シロップを一緒に入れる方法がおすすめです。 瓶ごと沸騰したお湯の中に入れ、10分ほどお湯を沸騰させて瓶の蓋を閉めたらすぐに上下をひっくり返しましょう。冷めたときに蓋の中央が凹んでいれば成功です。この方法ならば、1年程度は長持ちさせることができますよ。 冷蔵庫で保存する場合は密閉容器に入れて1週間程度を目安にしましょう。冷凍保存をする場合もシロップとともに冷凍します。食べるときには自然解凍で。冷凍保存の場合、シロップごとならば半年から1年程度食べることができますよ。

甘露煮

栗の甘露煮は密閉容器に入れて、常温保存の場合2週間が目安です。密閉容器はしっかりと消毒しておくことが大切。 冷蔵庫で保存する場合は、同じく密閉容器に入れて保存しましょう。こちらも2週間を目安に食べてください。冷凍保存をする際には煮汁も一緒に密封容器やフリーザーバックに入れましょう。冷凍保存は3ヶ月ほど持ちます。

正しい保存法で栗を長持ち!

いかがでしたか。処理が面倒なイメージの栗も、正しい保存方法を知れば、無駄なくおいしくいただけます。あらかじめ、どのように栗をいただくか考えておけば、焼き・ゆで・蒸しなど状態別に保存して調理時の時間短縮もできますよね。 自然な甘みとホクホクした食感に幸せな気分になる栗。そのままはもちろん、ごはん、渋皮煮、マロングラッセ、スイーツなど……旬を迎えるこの時期に、お好みの調理法で味わってみてくださいね♪
▼栗を使ったアレンジレシピはこちら!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS