ハワイの漬け料理「ポキ」のレシピ! 定番からアレンジまで11選◎

ハワイの伝統料理「ポキ」は、マグロやアボカドを角切りにして、ピリ辛なタレに漬けこんだ簡単レシピ。日本人の舌にもよく合うお味で、アレンジも自由自在です。ここでは、定番のマグロを使ったアヒポキ丼から、アレンジポキまで11選をご紹介します。

2019年3月29日 更新

和風だし〜韓国だれまで!「ポキ」の味付けアレンジ3選

2. 和風ポキ

こちらのポキは、ワサビ風味のタレで味わうレシピです。タレはとても簡単で、ワサビ・醤油・マヨネーズを合わせただけなんです。マヨネーズの酸味とコクは、マグロなど魚介に合いますね。タレが余ったら、サラダにかけたり、冷しゃぶなどお肉料理にも応用できますよ。作り置きしても損はないかも。

3. 韓国風ポキ

次のポキは、マグロをコチュジャン風味のタレで漬け込むレシピ。コチュジャンのコクと辛さが、マグロと相性がいいんです。大葉とカイワレを添えてさっぱりに仕上げていますが、白髪ねぎやわけぎのネギ類を添えると、ひと味違った楽しさが生まれますね。メインにも、オードブルにもなるひと皿です。

4. アヒポキ風だしかけごはん

こちらは、マグロのポキ丼を昆布だしでいただく、さっぱりした和風テイスト。ポキの漬けタレも、醤油とごま油など、辛みや刺激の少ない風味を楽しむ調味料がメインです。優しい口当たりなので、小さな子供やご年配の方にも食べやすいレシピですよ。お酒の〆にもおすすめです。

まったり食感♪ サーモンで作る「ポキ」レシピ5選

5. サーモンとアボカドでポキ風サラダ

ここからは、サーモンを使ったポキをご紹介します。サーモンは、マグロに並ぶ人気のポキなんですよ。サーモンは身にクセがなく、程よい脂のりでポキには絶好の食材です。このレシピは、サーモン・アボカドをメインに、しょうゆベースでほんのりわさびが香るさっぱり仕上げです。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Cucina_mamma

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう