ライター : Cucina_mamma

転勤族の夫のおかげで、住まいが変わるたびに舌が肥えてきた食いしん坊ママ。全国各地の必食グルメをご覧あれ。

和風の冷たいスープレシピ3選

1. オクラの冷たいスープ

夏野菜オクラをつかった、和風だし香る冷たいスープです。作り方がとても簡単で、だし汁と材料を用意したらミキサーでまぜるだけ。オクラと長芋でとろみのある1杯に。暑くて食欲がないときでも、のど越しがよく食べやすいですよ。器も一緒に冷やせば、いっそうおいしさが引き立ちますね。

2. 豆腐の冷製スープ

こちらもミキサーで作る手間なしスープです。栄養バッチリの豆腐がベースで、和風だしとしょうゆで味付けしていますよ。味のアクセントには柚子胡椒をプラス。優しい豆腐とだしのスープに、ピリっと引き締めた後味がクセになりそう。辛みが苦手な方は、柚子胡椒を抜いてもおいしく食べられますよ。

3. キュウリとトマトの冷やし汁

日本の暑い夏には冷やし汁がぴったり。和風だしと味噌がベースなので、日本人の口に合う仕上がりです。さっぱりした具材がたっぷりで、暑いときでも口当たりがいいんですよ。旬のトマトの甘味と、大葉のさわやかな香りで夏を感じる1杯ですね。冷蔵庫でよく冷やしてから召しあがれ。

コンソメベースのレシピ3選

4. 鶏ささ身と玉ねぎのジュリエンヌ・スープ

おしゃれな響き「ジュリエンヌ」とは、フランス語で「細切り」の意味なんですよ。名前の通り、玉ねぎを薄くスライスするのがポイントのスープです。材料は、お鍋でよく炒めてしんなりさせますよ。そうすることで、口当たりがマイルドに仕上がるんです。後味さっぱり、ショウガ汁をかけてできあがり。

5. 濃厚パンプキンスープ

黄色が映えるカラフルパンプキンスープ。見るだけで食欲をそそりますよね。材料のかぼちゃと玉ねぎは、よく炒めてから柔らかくなるまでコンソメで煮込みます。仕上げのミキサーで、クリーミーな舌触りが楽しめますよ。温・冷どちらでも、おいしいスープレシピ。覚えておくと重宝しますね。

6. きゅうりと豆乳の冷製スープ

夏の代表野菜きゅうりを使ったひんやりスープのレシピ。スープのコクを、玉ねぎとニンニクで作りますよ。オリーブオイルで炒めて、玉ねぎの甘さを引き出し、ニンニクの風味を加えます。きゅうりのさっぱり感に、旨味が生まれ濃厚なスープに仕上がるんです。豆乳の代わりに、牛乳でもおいしいですよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS