スペイン発の冷製スープ!「ガスパチョ」の基本レシピ&アレンジ12選

今回はスペインの冷たいスープ「ガスパチョ」のレシピをご紹介します。トマトを使う赤いガスパチョはもちろん、白いガスパチョなどさまざまな野菜やフルーツを使った人気レシピもお教えしますよ。ぜひお家で作ってみてくださいね♪

ガスパチョって?

ガスパチョとは、刻んだ野菜が入った冷めたいスープで、スペインのアンダルシア地方から広まったとされます。当初はパンとにんにく、酢やオリーブオイル、塩だけだったのですが、そのあとにトマトやきゅうりなどの野菜が入った、今のスタイルのスープになったそうです。

名前の由来

語源はヘブライ語のガザズ(ばらばらにちぎる)や、ラテン語のカスパ(断片)から来ているといわれますが、本当のところは定かではありません。トマトが入った赤いガスパチョだけでなく、入っていない白いガスパチョがあることでも有名ですね。

ガスパチョの基本レシピ

材料(2人分)

・トマト……1個(200g)
・きゅうり……1/2本(50g)
・パプリカ(赤)……1/2個(80g)
・にんにく(すりおろし)……少々
・バゲット……1切れ
・水……100cc
・酢……大さじ1杯
・塩……小さじ1/3杯
・オリーブオイル……大さじ2杯
・こしょう……少々

下ごしらえ

・トマトはへたを取ってざく切りにします。
・きゅうりはピーラーで皮をむいてざく切りにします。
・パプリカはへたと種を取り除いてざく切りにします。
・バゲットはひと口大にちぎり、水(適量)をふりかけて全体を湿らせます。

作り方

1. ミキサーに下ごしらえした食材とそのほかの材料をすべて入れ、なめらかになるまで撹拌します。

2. 塩こしょうで味を調え、冷蔵庫で2時間冷やします。

3. 器に盛り、お好みで角切りにしたトマト、きゅうり、パプリカをのせて召し上がれ。

ポイント

ミキサーに入れる順番は、水分の多いトマトから入れるとしっかり撹拌されます。あれば酸味の少ない完熟のトマトを使うのがおすすめです。クミンシード、パプリカパウダーなど、スパイスを加えると香り良く仕上がりますよ♪

【トマト】ガスパチョの人気レシピ6選

1. 白ワイン入りスパイシーガスパチョ

トマトやきゅうりをミキサーにかけますが、トマトの皮を湯むきしていますので、皮が舌に残らずよりなめらかな食感を楽しめます。とろみづけのためにチアシードを加えていますが、なければ定番のパンやヨーグルトでも構いません。唐辛子や白胡椒、白ワインも入ったスパイシーで大人の味のガスパチョです。

2. トマトジュースで作るガスパチョ

トマトの代わりにトマトジュースを使った、これも人気のある定番レシピのひとつです。とろみづけには特になにも加えていませんが、トマトジュースにとろみがあるのでこれで十分!辛味をつけたりパプリカパウダーで赤くしたりと、アレンジは自由にできます。

3. トマトジュースのピリ辛ガスパチョ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう