夏ランチのお供に♪ 時短で仕上げる「簡単ガスパチョ」レシピ

暑さで体温が高くなる夏は、身体が自然と冷たいものを欲しますよね。スペインの冷製トマトスープ「ガスパチョ」は、その栄養価の高さから"飲む点滴"ともいわれています。今回は、トマトジュースを使った簡単お手軽ガスパチョの作り方をご紹介します。

暑い夏の、強い味方!

めまいがするほどのギラギラとした太陽、いよいよ夏ですね。暑い夏にはキンキンに冷えたスペインの冷静スープ「ガスパチョ」がぴったり。でもたくさんの野菜を用意したり、カットしたりはちょっと面倒……。

そんな時にすぐできる、トマトジュースを使った「簡単ガスパチョ」レシピをご紹介します。よーく冷やして、召し上がれ♪

簡単ガスパチョの作り方

ミキサーであっという間に完成します。さっそく作っていきましょう!
簡単ガスパチョの作り方

Photo by muccinpurin

材料

・トマトジュース(塩分不使用・トマト果汁100%)……500cc
・きゅうり(ピーラーで皮をむいておきます)……1/2本
・白ワインビネガー(またはお酢)……100cc
・オリーブオイル……60cc
・バケット……ひと切れ
・にんにく……1~2かけ
・砂糖……小さじ1杯
・塩……小さじ1杯
材料

Photo by muccinpurin

下準備

・バケットをちぎってトマトジュースに入れ、ふやかしておきます。
・にんにくは皮をむいて耐熱容器に入れ、ラップをかけて500wのレンジで30秒ほど加熱します。

作り方

1. 材料をミキサーにかけます

1. 材料をミキサーにかけます

Photo by muccinpurin

オリーブオイル以外の材料をミキサーに入れ、滑らかになるまで回します。
1. 材料をミキサーにかけます

Photo by muccinpurin

きゅうりとバケットが細かくなりました。

2. オリーブオイルを入れてさらに混ぜます

2. オリーブオイルを入れてさらに混ぜます

Photo by muccinpurin

オリーブオイルを入れて、さらにミキサーにかけます。オイルと水分が乳化して、ほんのりオレンジ色になります。

しっかり冷やしてできあがりです!

しっかり冷やしてできあがりです!

Photo by muccinpurin

冷蔵庫でしっかりと冷やしてできあがりです。器に盛って細かく刻んだきゅうりやトマト、マスカルポーネチーズなどを添えました。

オリーブオイルやブラックペッパーをかけると、さらに風味がアップしますよ♪

おいしく作るポイントは?

おいしく作るポイントは?

Photo by muccinpurin

きゅうりは皮をむくことで、赤くきれいな色に仕上がります。皮はサラダなどにしておいしく食べてくださいね。

にんにくはレンジで加熱することで、辛味が抜けて臭いも抑えられます。臭いが気になる場合は入れなくても構いませんが、入れると断然おいしさが違います。

お酢を使うときには酸味が強くなりすぎないよう、量を減らしてください。
おいしく作るポイントは?

Photo by muccinpurin

最大のポイントはトマトジュース選び。"トマトの味が濃く、塩分不使用"のこちらがおすすめです。

塩分が入ったものを使うときは、味を見ながら塩加減を調整してください。

冷たいガスパチョで夏バテ知らず!

冷たいガスパチョで夏バテ知らず!

Photo by muccinpurin

そのままスープとして楽しんだり、パンを浸したり……。おすすめは、そうめんとの組み合わせ。付け汁にしたり、全体に絡めて冷製スパゲッティ風に食べるのもおいしいんです。

トマトのリコピンは、紫外線からお肌を守ることでも知られています。冷蔵庫にストックしておけば、夏の強い味方になってくれるはずです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう