ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

ハンバーグをおいしそうに盛り付けるコツって?

夕食の献立では定番とも言えるハンバーグ。野菜を添えたり目玉焼きをのせたりと、さまざまなバリエーションがありますが、盛り付け方のコツを掴めば、よりおいしそうに仕上がりますよ♪ ここでは盛り付けのポイントについてチェックしておきましょう。

高さを意識する

ハンバーグの付け合わせには野菜を使うことが多いですよね。その野菜、お皿の隅にちょこっとのせるだけ……という状況になっていませんか?

葉物類は、ふわっと空気を含ませるようにこんもりと高さを出して盛り付けるのがおすすめ。スティック状のものなら、立体的に盛ると自然と高さが出ますよ。お皿に盛ってから、箸で形を整えると簡単に高さが出ます。

ソースのかけ方

ハンバーグにソースをかける方法にもコツがあるんです。ハンバーグをおおって、まわりにはみ出るくらいに大胆にかけると、おいしそうに見えますよ。照りが出て食欲をそそります。

また、ソースはかけるだけでなく、お皿に直接しいてからハンバーグや付け合わせを盛り付けてもいいですよね。ソースのかけ方ひとつでぐっとプロっぽく仕上がるので、ぜひお試しください♪

余白にも気をつけて

洋食レストランのような盛り付けが家でもできたら……と思う方も多いはず。それには、お皿の余白をある程度残すと、仕上がりも上品になるんです。

ハンバーグの位置を決めたら、付け合わせはハンバーグを引き立たせるようにしてまわりに盛り付けましょう。このとき、ハンバーグと付け合わせは、お皿の余白が見える程度離しておくとGODD。これだけでも雰囲気が変わるはずですよ。

洋風ハンバーグの盛り付け例8選

1. 基本的な盛り付け。デミグラスハンバーグ

まるで洋食屋さんのようなハンバーグ。付け合わせは、トマトやじゃがいも、ブロッコリーなどを彩りよく盛り付けましょう。ハンバーグにかけるデミグラスソースの照りが食欲をそそりますね。

2. 熱々を楽しむ。チーズハンバーグ

チーズハンバーグなら、野菜と一緒にスキレットで盛り付けるのがおすすめ。グツグツと溶ろけるチーズを熱々で食べられるのがうれしいですね。野菜に絡めて食べてもいいですよ。温め直しが簡単なのもメリット。

編集部のおすすめ