「りんごの切り方」5種類を詳しく解説!初心者の方も安心

りんごの切り方5種類を、詳しくご紹介します。基本の「くし形きり」をはじめ、「うさぎ」や「木の葉」の飾り切り、スイーツ作りによく使う「薄切り」や、皮ごと食べやすい「輪切り」も簡単にマスターできますよ。一緒にチャレンジしましょう!

2018年5月16日 更新

2. うさぎの耳をつくる。

切っている様子

Photo by suncatch

りんごはの下側から逆V字型に切り込みを入れます。
切っている様子

Photo by suncatch

くし切りと同様に、V字を過ぎたあたりまで皮をむきます。
切っている様子

Photo by suncatch

できあがり。

無駄なくおいしい「輪切り」

輪切りにしたりんご

Photo by suncatch

皮ごと食べやすくておいしい、そして無駄のない切り方は「りんごの輪切り」なんです。なじみのない切り方ですが、簡単でとても合理的。芯をかわいい型で抜き取る作業は、お子さんと一緒に楽しめますよ。

切り方

1. 輪切りにする。

切っている様子

Photo by suncatch

りんごを横向きに置いて、1cm幅の輪切りにします。

2. 芯を抜きとる。

切っている様子

Photo by suncatch

型抜きで芯をを抜けば完成。星やハートの型を使うと、カワイイですよ。

スイーツ作りに役立つ「薄切り」

薄切りにしたりんご

Photo by suncatch

見た目の美しさと火の通りやすさで、スイーツ作りによく使うのが「薄切り」です。ケーキやタルトの上に広げて並べたり、レンジ加熱後にくるっと巻いてバラ型にしても◎スイーツの種類に適した厚さにカットするのがポイントです。

切り方

1. 芯を切り落とす。

切っている様子

Photo by suncatch

1/4にカットし、芯を切り落とします。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう