春の食材「山うど」の絶品レシピと下処理・保存方法

春を感じさせる山菜のひとつ「山うど」。他の山菜の中でも比較的手に入りやすいので、食卓にぜひ取り入れたい食材です。今回は山うどの味わいから、葉、皮、茎の使い方、絶品レシピまでご紹介します。 旬だからこそ味わえる山うどで、春を味わいましょう♪

春の山菜「山うど」ってどんな食材?

山うどの味わいは?

山うどは日本全国、どこでも手に入る春の山菜です。春の山菜はたくさんありますが、その中でも山うどは比較的手に入りやすい山菜です。山うどの旬は3月から5月ごろで、生育地の環境によっては初夏まで楽しめます。

独特の風味とほのかな苦味、シャキシャキした歯ざわりが特徴で、スーパーで見つけると春が来たなぁという印象ですよね。

山うどの楽しみ方

皮をむいた茎は?

茎はシャキシャキとした食感を楽しみたいですよね。

生で食べるなら酢味噌和えやサラダ、酢の物でさっぱりと。同じ季節が旬のホタルイカやタケノコを一緒に使うとより春らしいひと品になります。数時間漬け込む味噌漬けもおすすめです。

アサリやハマグリとすまし汁にするのもいいですね。香り良く、季節感をたっぷり味わえます。

煮物にももちろん使えます。味噌味や、だしを効かせた醤油味でも◎ 薄味で煮ると山うどの風味を損ないません。

穂先や皮も使える?

山うどは茎だけでなく、穂先や葉や皮も全て食べられます。

揚げ物なら天ぷらやかき揚げがおすすめです。カラッとおいしく揚げるには、鍋には1度にたくさん入れないことがポイントです。ほろ苦さがたまりません。

葉や皮で作るきんぴらも絶品です。スジは気にならないので、おさけのお供にもぴったりです。人参や糸こんにゃくと一緒に炒めてもいいですね。

作り置きには山うど味噌が便利です。使い勝手が良く、茎より香り良く仕上がります。

山うどの下処理方法と保存方法

山うどの下処理方法

山うどにはうぶ毛のような細かい毛がたくさん生えているので、包丁の背でこそげて落とします。

皮は厚めにむきますが、皮も上でご紹介したような料理に使えるので、取っておきましょう。皮も茎も酢水でアク抜きします。10〜15分を目安にさらします。アクが苦手な方は長めに酢水に漬けるか、酢を加えたお湯で茹でます。

下茹でするときは茹ですぎるず、さっと茹でて水にさらし、シャキシャキ感を残します。

山うどの保存方法

日に当たらないように、湿らせた新聞紙などで包んで冷暗所で保存しましょう。おいしく食べるためにも、早めに調理しましょう。

もう少し長く保存したいときは、食べやすい大きさに切って下茹でしたものを小分けにして、冷凍で保存します。更に長く保存するときは適当な長さに切って、塩漬けにするのがおすすめです。

定番の酢味噌和えや天ぷらも!山うどの人気レシピ6選

1. 山うどの天ぷら

春といえばこれ!山うどを使った定番の天ぷらのレシピです。柔らかい穂先を使っているので食べやすいですね。油で揚げるときには1度にたくさん入れすぎないことがポイント。カラッとおいしくしあがりますよ♪

2. ホタルイカとうどの酢味噌和え

続いても外せないのが酢味噌和え。春に旬を迎える食材をシンプルに味わうことができる定番の料理ですね。味付けは、旬の食材の旨みと甘みに合わせて酢を多めに、砂糖を少なめにするのがポイントです。春を感じるひと品ですね。

3. うどと人参のきんぴら

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mkmog

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう