基本の紅茶レッスン♪ おいしい簡単な入れ方で贅沢なティータイムに

紅茶の入れ方を調べたら、難しい用語が並んでげんなり……なんてことありませんか?おいしく入れるための道具から、抑えておきたいポイントを丁寧に解説します。茶葉やティーバッグの入れ方、ミルクティーといったアレンジ方法まで徹底網羅!

2018年4月30日 更新

ティーカップ

最後の到着点はティーカップ。熱い紅茶を入れても大丈夫な耐熱性で、形は口径の広いものが一般的です。入れたての紅茶はおいしいですが、とっても熱い状態。口径を広くすることで空気に触れる面積を増やし、飲みごろの温度にすることができます。

おいしい紅茶の入れ方

紅茶はたくさんの種類がありますが、その中でもおすすめなのはアールグレイティー。ベルガモットという柑橘系のくだものから香りを付けたフレーバーティーで、華やかな香りを楽しむことができますよ。ミルクを入れてもかき消されない強さを持っているので、ミルクティーとしてもおいしくいただけます。

必要な道具と材料(1人分)

【道具】
・やかん
・抽出用ポット
・茶こし
・ティーカップ
・ティースプーン

【材料】
・アールグレイ茶葉:ティースプーン1杯(約3g)
・汲みたての水:180ml
・砂糖(お好みで)
・ミルク(お好みで)

入れ方

1. 汲みたての水を沸騰させる

汲みたての水180mlを、やかんで沸騰させていきます。しっかり沸騰させてから、更に3分ほど加熱すればカルキ臭さも消えていきますよ。沸騰させることで水の量が減っていくので、カップ量よりも少し多めにお湯を作りましょう。
2 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう