基本の紅茶レッスン♪ おいしい簡単な入れ方で贅沢なティータイムに

紅茶の入れ方を調べたら、難しい用語が並んでげんなり……なんてことありませんか?おいしく入れるための道具から、抑えておきたいポイントを丁寧に解説します。茶葉やティーバッグの入れ方、ミルクティーといったアレンジ方法まで徹底網羅!

2018年4月30日 更新

2. 茶葉を抽出用ポットに入れる

計量器がない場合は、小さめのティースプーン1杯が約3gと覚えると便利です。細かめにされたアールグレイ茶葉なら抽出されやすいので、気持ち少なめにしてもよいでしょう。正確に軽量して作られた紅茶なら、濃淡による自分自身の味の好みも分かります。次回からより好みの紅茶を作っていくことができますよ。

3. ポットに熱湯を注ぐ

お湯を注ぐときは、"勢いよく"入れるのが大切なポイント!中に入っている茶葉が、ぐるぐると跳ねるような「ジャンピング」という状態を作りましょう。早く抽出させたいからと揺すったり、ティースプーンでかきまぜたりすると渋みがでてしまい残念な紅茶に。お湯を全て入れたらふたをして、そのまま約3分間蒸らしていきます。

4. 茶こしで入れる

抽出用ポットからそのままティーカップやサーブポットに入れようとすると、中の茶葉がカップに出てきてしまいます。必ず間に「茶こし」を挟むようにして、紅茶を注いでいきましょう。お砂糖やミルクをお好みで添えたら、おいしい紅茶の完成です!

おいしい紅茶を作るときのポイント

3 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう