黒胡椒の魅力に迫る!形状による味わいの違いや用途・おすすめレシピも

ピリッとした辛味と豊かな風味で、さまざまな料理に使われる黒胡椒。台所に常備している方も多いと思いますが、一体黒胡椒とは何なのでしょうか?その正体や歴史とともに、黒胡椒の上手な使い方を伝授します。おすすめの黒胡椒レシピもご紹介しますよ。

2018年4月29日 更新

黒胡椒のスパイシーな魅力におぼれそう

黒胡椒とは一体なに?

黒胡椒とは、コショウ科コショウ属のつる性植物の実のことなんです。このコショウの実は結実直後は緑色をしており、完熟して赤く変化します。完熟前の緑色の状態で収穫し、長期間乾燥させて黒く変色したものを黒胡椒と呼んでいます。

紀元前4世紀には胡椒の存在が確認されており、抗菌、防腐、防虫効果があることから、冷蔵技術が未発達だった時期には大変珍重されました。その価値は高く、1世紀のローマでは金や銀と同量で交換されたり、中世ヨーロッパでは貨幣の代用にもされたほどでした。

味わい・香り

ピリッとした辛味と野性的な風味、ふくよかな香りが特徴の黒胡椒。ホールのまま使用することもあれば、ペッパーミルで挽いて使用するなど、使い方はさまざまです。

ホールのままよりも弾いた方が香りが強いですが、その香りはひとたび挽くと飛びやすくなります。そのため、使用する際にミルで挽いて使用すると、フレッシュな香りを楽しむことができますよ。

形状によって異なる黒胡椒の味わいや用途

1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uni0426

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう