ミネストローネの人気レシピ5選

1. トマトジュースで簡単!あさりのミネストローネ

Photo by macaroni

蒸し煮したあさりがたっぷり入ったミネストローネです。あさりのだしで、より奥深い味わいに。トマトジュースを使うので、トマトをつぶしたりする手間がなく簡単にできます。最後にふった粉チーズが、トマトの酸味をまろやかにしてくれますよ。

2. トマト缶使用!キヌアとお豆のミネストローネ

Photo by macaroni

プチプチ食感が人気のキヌアとミックスビーンズを入れた、食べごたえのあるスープです。キヌアは多めにゆでて冷凍しておくと、スープやサラダに使えて便利ですよ。パンを添えれば、朝ごはんにぴったりのボリューム献立に。

3. たっぷりビーツのロシア風ミネストローネ

Photo by macaroni

ビーツを使って、真っ赤な色が印象的なミネストローネ。一見ボルシチのようですが、ずっと簡単にできますよ。レシピでは生のビーツを使っていますが、缶詰でもおいしくできます。ぜひ女性に食べていただきたいスープです。

4. 十六穀米入りミネストローネ

Photo by macaroni

ミネストローネにはショートパスタが入っていることが多いですが、お米を入れてもおいしいですよ。こちらのレシピでは十六穀米を入れています。野菜のうまみが溶け出したスープに、雑穀米の香ばしさが引き立ちます。

5. お味噌香るまったり豆乳ミネストローネ

Photo by macaroni

ミネストローネというとトマトスープのイメージですが、イタリアでは野菜を入れたスープのことを指します。こちらは豆乳と味噌で、ちょっと和風に変身したミネストローネ。コンソメを入れなくても、蒸し焼きにした野菜からいいだしが出て、奥行きのある味わいです。

イタリアの家庭の味「ミネストローネ」を味わって。

おしゃれで具だくさんなミネストローネ、実はイタリアでは家庭料理として親しまれているレシピなんですよ。日本でいうなら豚汁に近いような、ほっこりあったまるひと品です。各家庭でレシピも異なる料理なので、基本のレシピをマスターしたあとはアレンジにも挑戦してみてくださいね。
【参考文献】
(2019/07/19参照)
▼ミネストローネに合わせたい献立レシピはこちら

特集

FEATURE CONTENTS