2. 納豆のかき揚げ

納豆天ぷらに興味はあるけど少し勇気がないという方は、ほかのお野菜と一緒にかき揚げにして挑戦してみてはいかがでしょうか? 納豆の香りと粘りがアクセントになり、いつものかき揚げが全く違った印象になりますよ。コーンやブロッコリーなど入れるとお子さまでも食べやすそうですね♪

3. ヤマト芋と納豆のもちもち焼き

ヤマト芋と納豆を合わせたネバネバづくしのひと品です。ヤマト芋効果で外はカリカリ、中はもっちりふわふわ。そこに納豆がアクセントになっています♪ 納豆は焼くと不思議と独特の臭さが軽減され食べやすくなります。おとし揚げのような風合いになり、お酒のおつまみなどにもよさそうです。

4. オクラ納豆揚げ餃子

納豆とオクラを餃子の皮で包み揚げたおすすめのレシピです。納豆の天ぷらは揚げる際にどうしても苦戦しますよね。餃子の皮で包んでしまえば、扱いやすく、また油もあまり臭くならなさそう。 餃子の皮が数枚余った時などにもおすすめ。ちょっとした軽食やお弁当のおかず、おつまみにもよさそうです♪

5. お豆腐入りヘルシー納豆焼き

木綿豆腐とミンチ肉を納豆に合わせて焼いたおつまみレシピです。お豆腐でかさ増し効果とふんわり感を出しているのがポイント。お肉の出汁もしっかり出ているこちらのひと品なら、納豆が苦手な方でも食べやすそうです。 納豆がつなぎの役目もしてくれています。あっさりなので、いくつでも食べれそう♪

納豆ひとパックで即席おつまみ

朝ごはんの大定番「納豆」を加熱したり揚げることで、こんなにバリエーション豊富なレシピに早変わりするなんて驚きですね。そのまま食べるのももちろんですが、ひとパックでも余っていたらひと工夫で即席おつまみにしてみましょう♪ レシピにキムチや薬味など加えるとお酒の席が楽しくなりますよ。またお安い時に沢山買い込み、お肉やお野菜と一緒にメイン級のレシピにだってなります。納豆が苦手な方も、ちょっとしたアレンジで匂いやネバネバが軽減されるので一度試してみてはいかがでしょうか?
▼納豆を使ってもっとアレンジを楽しもう!

編集部のおすすめ